MENU
事件関連の情報

岡山市の無断堕胎医師、子供の父親は藤田俊彦!?被害女性の他に婚約中の女性!?非番で病院を不正利用か。。

岡山市で妊娠していた知人の女性を無断で堕胎させた上に、女性にも怪我をさせたとして逮捕された岡山市北区の医師の男。

新たな事実が判明し、その内容にネット上では多くの人が衝撃を受けています。。

現役の医師が子供を堕胎させた理由とは何だったのか?

今回はこの事件について新たに判明した情報をまとめてみました。

藤田俊彦の顔画像特定!岡山済生会総合病院外科医、知人女性に麻酔薬飲ませ無断堕胎!動機は不倫?痴情のもつれ?衝撃的な事件がおきていました。 妊娠していた女性の同意を得ず、勝手に堕胎行為をしたとして、岡山市の外科医師の男が逮捕されるといった...

スポンサーリンク


岡山市の外科医師が知人女性に無断堕胎!

現役医師による無断堕胎行為という、悪質な犯行が行われたのは2020年5月17日(日)の午後1~5時頃のこと。

不同意堕胎致傷の容疑で逮捕されたのは、岡山市北区に住む外科医、藤田俊彦 容疑者(33)

藤田容疑者は、勤務先の病院で知人の20代女性に麻酔薬を飲ませて、もうろう状態にさせ、女性の同意を得ずに堕胎し、妊娠約2カ月の胎児を流産させ、女性に全治約1週間の傷害を負わせた疑いがもたれています。

当時、藤田容疑者は被害女性の「妊娠相談」を受けることを理由に病院に呼び出していました。

当日は何ごともなかったように別れたようですが後日、5月19日に女性が主治医の産婦人科医の診察を受けたところ、胎児の心拍が聞こえず、主治医が「患者に不自然な点がある」と岡山西署に通報したことで事件が発覚しました。

不同意堕胎致傷とは

不同意堕胎致傷とは、妊娠中の女子の嘱託を受けないで、またはその女子の承諾を得ないで堕胎させる犯罪のこと。

あまり聞きなれない罪状ですが、それほどこうした犯行が行われていないものであるということでしょうか。

被害にあった女性は、「堕胎するつもりはなかった。病院でいつの間にか寝てしまった」と証言しています。

なぜ勝手に堕胎行為という命を失わせる行為を行ったのか。。

スポンサーリンク

藤田俊彦の犯行動機は?被害女性との関係は何?

今回の事件を起こした藤田容疑者ですが、胎児の父親である可能性が高いといった情報が出ています。

また、藤田容疑者には、被害者の女性とは別に、婚約中の女性がいるという情報も出ており、このことから藤田容疑者が女性の妊娠を都合が悪いと考え、医師の立場や技術を利用して犯行に及んだとみて、詳しい動機や当時の状況について警察が捜査を進めています。

犯行の際に病院の手術室や薬を無断使用?

今回の犯行が行われた藤田容疑者が勤める病院によると、事件があったとされる5月17日は日曜日で、藤田容疑者は休み(非番)だったことがわかっています。

手術は病院の許可は出ておらず、手術室を使用した形跡などは残ってないため、人目のつかない院内の診察室で院内の薬剤を使って行われた可能性が高いとされています。

藤田容疑者は犯行があった17日以降も普段となんら変わりなく勤務していたようで、その心理状態に畏怖を覚えます。

スポンサーリンク




事件現場となった、藤田容疑者が勤める病院はどこ?

犯行が行われたのは、岡山駅からもほど近い場所にある、岡山市内の「岡山済生会総合病院」という病院です。

岡山済生会総合病院
〒700-0021 岡山県岡山市北区国体町2−25

 

病院に関するネット上の口コミは、良い口コミ、悪い口コミなどが分かれており「☆3.2」の評価(※Google)で、このことからきちんとした先生や看護師さんなどがいる反面、対応の悪い人物もいることが考えられます。

勤めていた医師とはいえ、非番の際に病室や薬を無断使用しても発覚しなかったことは、管理責任などで大きな問題です。

スポンサーリンク




藤田俊彦 容疑者の顔画像や情報は?


岡山済生会総合病院HPより参照

名前 :藤田 俊彦(ふじた としひこ)
年齢 :33歳
病院 :岡山済生会総合病院
職業 :外科医師(副医長)
住所 :岡山県岡山市北区駅元町
資格 :緩和ケア研修会修了
    日本静脈経腸栄養学会講習修了
家族 :不明(婚約者の存在が判明)
出身校:香川大学(2012年卒業)

▼罪状:不同意堕胎致傷
6ヶ月以上7年以下の懲役

スポンサーリンク




現役医師による無断堕胎の犯行にネットでは怒りと恐怖

こうなると医師免許剥奪になるのかな。かなり以前にも薬飲ませて流産させたドクターいたね。

婚約者がいるのに、他の女性とも付き合って妊娠させたから勝手に施術したという事?
男としても最低だし、命を軽んじる行為はそもそも医師としての資格がない。

“被害者とは別に婚約者がいる”ということは被害者とも付き合っていて堕胎した子供はこの男性医師の子どもということですね。
二股交際の上、子供ができたら勝手に堕胎させるなんて酷いです。人として最低だと思う。

そもそも、総合病院でそんなことができるんですね?中絶手術には同意書が必要だし、診察の時には看護師さんが側にいますよね?
知り合いだからと看護師さんに側にいないようにしたのか、それもおかしい話ですよね。
その医師が悪いのは言うまでもないが、病院の体制にも問題があるように思います。こんなことは決してあってはいけない。

どういう背景があるのか不思議でしたが、容疑者に婚約者がいるという一文でなんとなく理解できました。
婚約者がいるにもかかわらず、浮気をして浮気相手(被害者)が妊娠し、出産を希望した。
もちろん浮気相手との今後は考えられないため強行手段にでた流れでしょうか。誰も幸せにならない結果になりそうですね。

藤田俊彦の顔画像特定!岡山済生会総合病院外科医、知人女性に麻酔薬飲ませ無断堕胎!動機は不倫?痴情のもつれ?衝撃的な事件がおきていました。 妊娠していた女性の同意を得ず、勝手に堕胎行為をしたとして、岡山市の外科医師の男が逮捕されるといった...
~こちらも読まれています~