事件関連の情報

平松克敏の顔画像は?正体がヤバイ、、京都府舞鶴市行永東町、暴れる包丁男に警察官が発砲!事件現場はどこ?

連休真っただ中の中、京都で包丁を持ち歩いていた男が暴れ、逮捕される事件がありました。

警官が負傷するなど、事件現場は緊張に包まれた中、何が起きていたのか?

今回はこのじけんについて調べてみました。

スポンサーリンク


京都府舞鶴市で刃物男が暴れ警察官の発砲で逮捕!

事件があったのは2020年7月25日(土)の午後1時半ごろのこと、殺人未遂などの疑いで現行犯逮捕されたのは、近くに住む男で平松克敏 容疑者(35)

この事件は、舞鶴市行永東町で「包丁を持った男がいる」と交番に通報があったことが事件発覚のきっかけ。

通報により駆け付けた警察官が男に声をかけたところ、腕や顔などを包丁で切りつけられました。

当初、警棒で制止しようとしましたが、危険な状況から警察官が拳銃を2発発砲、1発が男の右肩に当たったところを警察官4人に取り押さえられました。

※犯人の命に別条はなし
※腕や頭に切り傷を負った警部補(39)も命に別状はなし。

犯人取り押さえの瞬間が映像に!犯行動機は何?

 
このような事件を起こした犯行動機は何か?目撃情報があったようです。

事件を目撃した近隣住民

「パーンと音が鳴って、ちょっとしてから、パーンと鳴った。2発鳴った。(男は)『殺してくれ、死なせてくれ』と言っていた」

スポンサーリンク

刃物男出没・逮捕された場所はどこ?

事件(捕り物騒動)があった場所は、舞鶴警察署 行永交番からほど近い場所にある路上でした。

連休中とはいえ、近くには小学校などがある場所で、そうした場所の近くに犯人が住んでいたことは恐怖です。。

スポンサーリンク




平松克敏の顔画像や情報は?

平松容疑者の顔画像については公開がされていませんが、SNSを調べるとそれらしい情報は出てきていますが、顔画像については確証がとれていないため非掲載とします。

また、Twitterで本人と思われる情報が出ていますが内容がかなり怪しいものとなっています。
※あくまで参考に

名前:平松 克敏(ひらまつ かつとし)
年齢:35歳
職業:無職
住所:京都府舞鶴市

▼罪状:殺人未遂・公務執行妨害
死刑又は無期懲役、若しくは5年以下の有期懲役
3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金

 
犯行後に平松容疑者は下記のように供述をしており、「責任能力の有無」を調べるとしていますが、精神疾患による無罪などで新たな犯行が行われることは避けてもらいたいところです。

「戦闘訓練のイメージトレーニングをしていた」
「通行人に切りかかろうと歩いていたところ、警察官に声をかけられたので包丁で警察官を襲った」

スポンサーリンク




刃物を持った狂人、捕り物騒動にネットの声は

この手の事件に対して『刃物に対して拳銃だなんて過剰だ!』という意見が必ず出るけども逼迫した状況では最大の武器の使用が正解だと思ってます。

Twitterの動画で警察官の左腕から大量の出血が見られたので大丈夫かなと心配していましたが、襲われた警察官が無事で良かったですが、いきなり襲われるのは怖いですね。

こういう時に使わなかったら、何のために拳銃を常備しているのか分からない。警官は適切な行動をしたと思う。

心から警察官に敬服します。命を張って悪い奴を捕まえる事。国民は警察官に感謝しなければいけないと思います。
負傷された警察官の方ゆっくりと静養してほしいと思います。誰がどう見ても聞いても正しい判断だと思います。

警察官は危険と何時も隣り合わせです。私達を、守ってくれているのです。感謝申し上げます。今回だって刃物で刺される恐れがあります。
このような時は発砲もやむ得ないし、適切な対応です。今は突然襲ってきたりする人もいますから私達も注意が必要ですね。歩きスマホは危険です。

なんで手や足を狙わないんだとか言ってる人がいるけど、そういう人は自分が刃物を持った人間と向かい合ってる時に速射で手足を撃って当てる自信があるのでしょうか?
命を危険にさらして仕事をしている人達に安全な場所から無責任なことを言うのはおかしいと思う。そして撮影してる奴はもっとなに考えてんだ

~こちらも読まれています~
×