事件関連の情報

【殺人未遂】嬉内豊の画像は?所沢市泉町で無銭飲食の男が女性を刃物で刺す!犯行後にコンビニでチューハイ飲む

埼玉県で、また、ひどい事件が発生していました。

同居していた交際相手の女性の背中を刺して殺害しようとしたとして、所沢市泉町、に住む嬉内豊容疑者(34)が逮捕されました。

しかも、恋人を刺した後にコンビニで無銭飲食をするといった異常行動、その行動のきっかけは何だったのか。。

今回は埼玉県で起きたこの事件について調べてみます。

スポンサーリンク


埼玉県所沢市泉町で恋人を刃物で刺す殺人未遂事件が発生

そもそもの事件があったのは、25020年4月8日(水)の午後5時ごろのことだったとされています。

事件は、所沢市内にあるコンビニエンスストアから、「酔っぱらいに絡まれている」との110番から発覚しました。

この通報を受けて警察官がコンビニまで急行し、現場にいた男に事情を聴くなどして、自宅も確認をしようとしたところ、室内で女性が背中から血を流して倒れていたところを発見しました。

ただの無銭飲食(もちろん犯罪ですが)かと思いきや、一転しての殺人未遂事件が発覚したこの事件に、自宅を訪れた警官も驚いたと思います。

被害者は嬉内豊の恋人!刺したその理由・動機は?

嬉内容疑者が恋人を刃物で刺した理由ですが、その動機について驚くべきか回答をしています。

「酒に酔っていたので覚えていない」

人を刺して、殺そうとしたのに覚えていないといったことはあり得ないと思いますが、こうしたお酒が絡んだ犯行をした人物はほぼ決まって「酒に酔っていて覚えていない」といった主張をしているため、虚偽の可能性が非常に高いです。

だとすれば、殺人の強い意志があっての計画的犯行(飲酒は軽減させるため)であったのではないでしょうか。

その後の、無銭飲食の動機は不明ですが、気が大きくなっていたのか、どうせ捕まるのでと自棄になっていたのかは不明ですが、どちらにしても許されない行為です。

スポンサーリンク

所沢市泉町殺人未遂の場所と事件発覚のコンビニはどこ?

殺人未遂事件が発生していた場所は、自宅のアパートであると思われますが、その詳細な場所は判明していません。

所沢市泉町

コンビニの場所についても、現状は所沢市内となっており詳細は不明です。

ただ、その場所が住んでいたところの近くで同じ所沢泉町であれば、「セブン-イレブン 所沢泉町店」である可能性があります。

スポンサーリンク




嬉内豊容疑者の顔画像や情報は?

嬉内容疑者の顔画像についてですが、現在のところはまだ公開がされていないようです。

Facebookに関する情報はありましたが、情報が古いのか削除されているようです。
※本人かは確証がないですが、珍しい名前なのでその可能性は高いです。

名前:嬉内 豊(うれしない ゆたか)
年齢:34歳
職業:無職
住所:埼玉県所沢市泉町

34歳で無職の犯行、、、それでも前後不覚となるまでお酒は飲むといった自堕落な性格、、元からそうした人物であったのでしょうか。

刺された嬉内豊容疑者の恋人の女性は誰?安否は?

嬉内容疑者に刺された女性は、31歳の無職の女性であったとされています。

背中を刃物で複数回刺されて約20日間のけがを負ったとされていますが、幸い命に別状はないとのことです。

ただ、複数回刺されといったケガは傷が残ってしまわないか心配です。

 
女性は嬉内容疑者と2人暮らしで、交際をしていたとされています。

スポンサーリンク




所沢市で起きた殺人未遂事件にネットの声は?

人を刺しといて「酔っていて覚えていない」ってよく言えたな。

飲酒運転は厳罰化の方向なのに飲酒犯罪はむしろ軽くなる傾向が強い。さらに酒の席でのセクハラパワハラに至っては酔っぱらいに文句を言うほうが非常識とまで言われる。日本には一日も早くちゃんとした国になって欲しい。

万引きみたいなことしなければ警察が訪ねる事はなかった、結果的にはそのおかげで命が助かった。酒に飲まれる奴本当怖いわ。

問題を起こすひとは何度もトラブルを起こしまくる。

このご時世、アルコール依存症が増えている。人に迷惑かけるのだけはやめて欲しい。

飲酒運転は罰則が強化されたが飲酒した上での犯罪は未だに検察官、裁判官、弁護士共に甘すぎる、飲酒、薬物を飲用した上での犯罪はもっと厳しくしてくださいね。

スポンサーリンク




埼玉県川口市では別の殺人未遂事件も発生!

埼玉県の川口市では4月29日(水)に夫婦間における殺人未遂事件が発生していました。

この事件で逮捕されたのは、川口市末広1丁目に住む無職の夫(82)。

逮捕容疑は、4月29日(水)の午後5時半ごろに自宅で、無職の妻(65)の頭を木製の棒(長さ約30センチ)で数回殴って殺害しようとした疑いがもたれています。

妻は頭に約2週間の軽傷を負ったが、命に別条はないという。

 
この事件は、妻の通報によって発覚しており、同日の午後5時25分ごろに妻から110番があり、すぐに切れましたが、その後に「夫に殴られた。頭から出血している」と再び110番があり、現場に駆け付けた警察官が現場の状況などから犯行を確認して逮捕に至りました。

逮捕された夫は妻を叩いたことは認めているものの、「殺すつもりはなかった」と供述しているとされています。

 
この事件に関しては、夫の名前も顔画像も出ていません。

年齢が17歳差の夫婦ということで若干気になりますが、高齢であればこうした夫婦も増えているので、その点が事件の問題ではないとは思われます。

ただ、人の頭を棒で何度も叩いて、2週間のケガを負わせておいて死なないと思っているなど、完全におかしい人物で、余罪もありそうです。

夫の身勝手な犯行にネットでも怒りの声!

約2週間の怪我って結構凄いぞ。打ち所が悪ければ死んでた可能性もある。

殺すつもりないと言えば罪って軽くなるのかな?殺した後で殺すつもりはなかったと言う人がいるけど何なのかな?

この類の事件って必ずと言っていいほど「殺す気は無かった」って言うよね。棒や鈍器で殴ったり手や紐で首を絞めたり…普通やらないよ?殺す気があるとしか思えない行動だよ。

コロナストレスで家庭内暴力かぁ。夫側より奥さん側の方が多くストレスを抱えても我慢してるのにそれを理解しない夫が多いのかもね。歳を重ねた夫婦ほど身勝手な暴力が起きるのかなぁ。

最後に

埼玉県で発生日は離れていますが、同じような殺人未遂事件が発生していたこと、コロナ自粛の影響なのか、これもごく一部であり実際には多くの事件が埋もれている可能性があります。

いろいろと大変な時期ではありますが、何かしらの事態に遭遇した場合、ストレスを感じた場合は、一つ深呼吸をして時間を空けるだけでもまたその後の対応が変わってくると思います。

明日は我が身として戒めとして心がけるようにしたいですね。

~こちらも読まれています~