×
事件・事故・災害

【衝撃映像】松井剛さん死亡は大澤誠の無理なUターン原因?南砺市高窪国道304事故

10月2日の昼過ぎ、富山県南砺市の国道で大型バイクを運転していた松井剛さん(65)が、Uターンをした乗用車と衝突する事故が発生しました。

松井さんはその後に搬送された病院で死亡しており、死亡事故となってしまった原因は何だったのか?

南砺市高窪の国道で死亡事故

事故がおきたのは2022年10月2日(日)の午後2時40分ごろのことで、現場となったのは富山県南砺市高窪の国道304号線の路上でした。

当時、オートバイで金沢方向に直進していた男性が、前方でUターンを始めた乗用車と衝突しました。

この事故で、オートバイを運転していた石川県金沢市に住む接骨院経営の男性、松井剛さん(65)が全身を強く打ち病院に運ばれましたが、およそ1時間半後に外傷性ショックで死亡。

乗用車を運転していた富山市布瀬町に住む会社員の男性、大澤誠さんは右肩の骨折などで重傷ですが命に別状はないとしています。

なぜこのような悲惨な事故がおきたのか?

参照:車は路肩からUターン中…国道で直進の大型バイクが乗用車と衝突 バイクの男性が死亡 車の男性も大ケガ

スポンサーリンク


死亡事故の原因は無理な場所でのUターンか

この事故がおきた原因についてはまだ明らかになっておらず警察が詳しい状況を調べています。

ただ、現場が緩いカーブになっているような場所で、乗用車を運転していた大澤誠さんは金沢方向に向かう車線の路肩にいったん車を止めて、富山方向に向かうためUターンをしていた際に事故が起きたとしています。

現場の状況からすると、カーブとなっている場所では明らかに危険と考えられる行動で、無理なUターンによる事故は全国でも多発しています。

 

Uターンによる事故の衝撃映像

下記の映像は状況などは違いますが、無理な運転をしての事故。

急にUターンする車のせいで事故。ドライブレコーダー

いきなりUターンしようとする車に『ドーーンッ!!』 ドライブレコーダー

どっちの車が悪い?Uターンしようとした左の青い軽>右の白

そこでUターンを?!? ありえない運転、、 ドラレコ映像まとめ【交通事故•煽り運転•逆走•信号無視•DQN】

スポンサーリンク




死亡した松井剛さんと大澤誠の情報について

事故で死亡した松井さんと、乗用車の運転手について判明しているのは次の情報。

名前:松井 剛
年齢:65歳
性別:男性
職業:接骨院経営
住所:石川県金沢市
運転:オートバイ(大型バイク)
死因:外傷性ショック

名前:大澤 誠
年齢:不明
性別:男性
職業:会社員
住所:富山県富山市布瀬町
運転:乗用車
負傷:重傷(右肩の骨を折る大怪我)

※特に逮捕などの情報(どちらも)は出ていないことから警察では不幸な事故として処理をしているのか、捜査中なのかは不明。

 

異常な事故死にネットで怒りの声続出

これって坂の頂上付近だから本来は駐停車禁止場所で、転回はおろか路肩での停車も危険な場所。後続車よりも対向車と衝突する危険が極めて高いので、標識で禁止されていなくとも転回は避ける方がいい。一方で、被害状況から、本線走行中に衝突してしまったバイクもかなりのスピードで上り勾配を攻めていたため回避しきれなかった可能性がある。いずれにしても、中央分離帯のある道路に掛かる交差点以外での転回は非常に例外的な挙動となるので、前後の見通しが充分でない道路においては枝道などに一旦車を入れた上で方向転換するのがよい。

路肩からUターンする行為があり得ない。登坂車線と走行車線の2つをまたぐ行為でしょ。これ、市街地で例えたら、片側二車線の道路の左路肩から一気に反対車線にUターンしたのと同じ事。右左折もそうだけど、進路変更する時は、進行方向と自車の間に他車が入ってこれない様にしなければいけないはず。相手に怪我させない様に。それが出来ない所ではUターンしてはいけない。まあ、バイクの方にも過失は問われるんだろうけど、死人に口無しで処理されるのは回避していただきたい。

路肩からのUターン。直進車からすると目前で円弧を描いて進路を塞がれるので止まる以外逃げ場がない。路肩からウインカーを出して発進しても、通常は発進の合図なので、Uターンとは思えず、複数の車線がある場合は減速くらいしかしない。路肩からのUターンは直進車には逃げ場が無くなる恐ろしい行為。

こでUターンするか?一発でスパッと機敏にターンできるならともかく、画像を見る限りではスピンターンでもしない限り無理でしょ?自分だったら、ある程度見通しの効く区間(もちろんUターン中に突っ込まれない事を考えて)まで車を進め、一旦停車、前後確認してからUターンに移ります。映像を見た感じでは、緩いカーブが連続し信号は殆どなし、バイクならかなり飛ばしてきそうですね。一言で言うと、独りよがりな運転をしてしまった結果、バイクの人を殺めてしまった、と言う事です。

この事故現は場先が見通せるし停車している車の右側をバイクで通過しようとしたら突然右にハンドル切って動いたっぽい。車側からはサイドミラーとルームミラーのどちらにもバイクがうつらないタイミングだったのかも。バイクが徐行していれば死ぬまでの事故にはならなかったと思うけど結果論だしバイクの方が気の毒。

同様の事故を見たことがあります。バイクの後ろを車で走行中に突然、対向の自動車がUターンで道路を塞ぎ激突したバイクのライダーは車を飛び越えて頭から落下し、脳の液体かでフルフェイスも脱がすことが出来ずに救急車が来る前に無くなりました。走行中に目の前で当然道路を塞ぐのは殺人行為です。