×
事件・事故・災害

斉藤莉杏ちゃん(10)重体、金沢市大桑町の事故どこか特定や車の運転手名前は誰【現場映像・画像】

9月13日(火)の朝、金沢市の住宅街で登校中だった小学4年生の女の子が車にはねられ、意識不明の重体となっています。

幼ない子供命の危機、、当時何がおきていたのか?

小学4年生の女の子が通学途中に車にはねられ重体

この事故がおきたのは、2022年9月13日(火)の午前7時20分ごろとされています。

現場となったのは石川県金沢市大桑の路上で、近くに住む小学4年生の斉藤莉杏ちゃん(10)が登校のため自宅前から道路を横断しようとしたところ、乗用車にはねられました。

斉藤莉杏ちゃんは10m以上先に跳ね飛ばされた際に、頭を強く打っており市内の病院に搬送されましたが、外傷性くも膜下出血などで意識不明の重体となっていて危険な状態が続いています。

参照:小4女児が登校中はねられ意識不明「行ってらっしゃいと言って出て…」 金沢市の住宅街で

スポンサーリンク


10歳女児が意識不明重体、事故原因は何か

この事故で車の運転をしていたのは金沢市に住む33歳の男性会社員で、当時男性が末町方面から市中心部方面へ走行中、左側から横断してきた女児をはねたとみられています。

事故の原因については詳しい状況(飛び出しだったのか、脇見だったのかなど)はまだ判明していませんが、現場となった道路はカーブの先にある片側1車線の直線道路で、付近に信号や横断歩道はない場所でした。

※近くにスクールゾーンの標識があり当時の時間帯は登校時間

警察は乗用車を運転していた30代の男性会社員から事情を聞き、事故の状況を調べています。

 

金沢市大桑町の事故現場どこか判明

事故がおきたのは下記の場所にある路上でした。

石川県金沢市大桑町

スポンサーリンク




斉藤莉杏ちゃん意識不明の重体

意識不明で重体となっていますが、重傷との違いはより命の危機が高いのが重体です。

名前:斉藤 莉杏
年齢:10歳
性別:女の子
職業:小学生(4年生)
学校:南小立野小学校
住所:石川県金沢市大桑町
負傷:外傷性くも膜下出血などで意識不明の重体

 

乗用車の30代運転手は誰か、身元や名前

運転手の身元については次の情報が確認されています。

名前:不明
年齢:33歳
性別:男性
職業:会社員
住所:石川県金沢市末町

 

通学路での危険な事故続く状況にネットの声

この映像を見る限り、狭い道なのに飛ばしている車が多い。日本にはこのように、狭い道なのにスピードを出す車が多い道が多い。このような道を何故、取り締まらないのか?普段から取り締まっていたら、スピードを出す車も減るだろうに。子供やお年寄りを事故に遭わせない運転を普段からするのが普通の世の中になってくれたら良いと思う。

見通しが良い道路で、朝7時20分にと聞くと事故が起こらなそうだが、横断歩道がなく、下り坂で、速度を出していた可能性があり、実際、映像で見ると、事故現場で撮影中でも速度を出している。恐らく、何社か撮影していて大勢いただろう。ただ、自宅前で、左ボンネットに当たったということから、いきなり渡ろうと、直前で飛び出した可能性が・・。登下校の時間帯の運転は気をつけないと。

子供は急な行動をとることが多々ある。道は狭いとはいえ、直線道路で見通しは良い感じ。子供の存在を発見した時点で、やり過ごすまで、目視と速度は細心の注意をはからなければならないと思う。10m飛ばされたとなると、相応の速度は出ていたと思うし、または、他の事に注意が削がれていたように思う。通学路であれば、朝夕、更に注意を払って運転して欲しい。

側溝スレスレの歩道とも呼べないようなこんな道が通学路になってるのですね…。というか、家を一歩踏み出したらビュンビュン飛ばす車。大人でも怖すぎる…。住む場所は選ばないと、と思う。

日本の場合は、人が急に飛び出して車に轢かれても、車が悪くなる。運転する方も、通学時間帯は、充分過ぎるほど気を付けなきゃね。我が家にも同学年の女の子がいて、他人事と思えないです。無事に回復してくれるのを祈ります。

登下校中は特に、いつどこで子供らが出てくるかわからないからこそ、細心の注意を払ってハンドルを握らないといけない。狭い道なら尚更。ていうか、狭い道なのに、スピードを出す車も多い現状。近所に通学路があり、そこは30キロ速度制限の道路なのに、50くらい出して走る車がとても多い。子供らに気をつけるよう言うしかないのか…