×
事件・事故・災害

【閲覧注意】大橋義彦さん利光克仁さん死亡 名古屋高速バス横転炎上の映像が衝撃!あおい交通事故原因は何?

8月22日の午前、愛知県名古屋駅から名古屋空港に向かっていた空港バスが横転炎上する事故が発生しました。

火災はかなりの規模で、少なくとも怪我人9人が出ており、このうち2人が心肺停止。

事故直後からの映像が出ており、そのすさまじさがわかります。

浦安市美浜でトラックが爆発炎上の映像画像!浦安警察署近くで事故の原因は何?8月22日の午前8時すぎ、浦安市美浜でトラックのタイヤがバーストするような破裂音が鳴り響き、トラックが炎上しました。現場は浦安警察署の近くで、約40分後に鎮火しています。...

名古屋高速バス横転炎上で2人が心肺停止

この事故がおきたのは、2022年8月22日(月)の午前10時20分頃とされています。

事故が起きたのは名古屋市北区の名古屋高速道路・豊山南出口付近でバスが横転し炎上、この事故で負傷者が複数出たと消防に連絡が入ったことから事態が判明。

消防が消火や救助活動にあたっていますが、少なくとも9人が負傷して搬送され、うち2人が心肺停止の状態で、他の7人はいずれも男性で、20~50歳とされています。

なお、バスはほぼ全焼となっており、消火は完了していますがほぼ燃え尽きた状態に。。

激しい車両炎上事故の原因は何だったのか?

参考:名古屋高速道路でバスが炎上する事故 2人が心肺停止 名古屋駅から愛知県営名古屋空港に向かっていたバス

スポンサーリンク


名古屋高速バス横転炎上、燃え盛る映像がヤバイ

スポンサーリンク




炎上の現場どこか判明、名古屋高速小牧線豊山南インター近く

バスが横転し炎上した事故の現場は、「ENEOS Dr.Drive 名濃バイパス」の上を走っている名古屋高速11号小牧線上でした。

スポンサーリンク




バス横転事故の会社、負傷や心配停止の男性ら名前や身元誰?

現時点で少なくとも9人が負傷、2人が心肺停止状態となっており非常に危険な状態でしたが、その後に死亡が確認されました。

名前や身元などについては明らかになっていませんが、このバスが名古屋駅から空港への直行便であったという情報があります。

※追加情報
運転していたのはあおい交通社員の大橋義彦さん(55)(名古屋市守山区)とみられていますが、死亡したのは運転手と乗客の男性1人とされています。

大橋さんは約10年のバス運転の経験があり、同社には2019年に入社しています。また、当日の健康状態などに問題はなく、22日は午前5時頃から乗務を始め、乗務前のアルコール検査や点呼の際にも異常などはなかったとされています。

ただ、事故の直前に「バスがふらついていた」との目撃情報があったとことから、突然の体調不良(脳梗塞など)が起きた可能性が考えられます。

-乗客-
名前:利光 克仁
性別:男性
年齢:64歳
職業:名古屋空港ビルディング社長
住所:愛知県名古屋市千種区
死因:確認中

-バスの運転手-
名前:大橋 義彦
性別:男
年齢:55歳
職業:バスの運転手
住所:愛知県名古屋市守山区
死因:確認中

 
また、横転したバスを運行していたのは「あおい交通」で、ホームページがアクセス多数でダウンしていることから、Twitterにてコメントをだしています。

スポンサーリンク




高速バス横転炎上の大事故にネットの声

バスは分岐の分離帯に右前部が乗り上げるように衝突したことで左に横転したと思われます。後ろの乗用車はバスに追突した状態で停止していますが、止まりきれず追突したと考えられます。なぜバスが分岐に衝突したのかが焦点になります。

ここまで燃えてしまうとドラレコを搭載していてもSDカードも燃えてしまったんだろうな。ドラレコ映像があれば原因を解明しやすいだろうに。2人が心肺停止との記事もあったが、バスの運転手が生存していれば回復を待って話を聞くことになるんだろう。近くを走っていた車はドラレコ映像提供で協力してあげて欲しいな。

特に一般道の二車線以上の道路ではムキになって抜いて行き大型車両の前に入る乗用車が多数居る。前が見え難いからか何なのかは分からないがだったら車間を空ければ良いだけの話し。大型車両は急に止まれないし前方の信号を確認しながら速度を考えたりしてる。乗用車、特にサンデードライバーはもう少し考えながら運転して欲しい。

狭いのに、スピードを出しすぎる車が多い。制限速度は60キロなのに、守っている車は少ない。カーブが多いほか、出入り口がインターごとに左車線と右車線に異なり、車線変更も多く危険な設計である。交通事故が起こるのは当たり前だ。

一人でも多くの人が助かって欲しい。上がっているTwitter動画見ると、IC降りる所で、降りる車線と本線を分ける塀にぶつかった様に見える。塀にぶつからない様にする黄色いドラム缶型の緩衝材が飛び散っている。IC手前で居眠りなのか?IC間違えて無理矢理降りようとしたのか?後方の車両のドライブレコーダーが気になる。

元バス運転士です。我々の時代は「危険を感じたらまずブレーキを踏め」と厳しい指導を受けました。ハンドル操作をすると、対向車やその他の障害物に衝突して二次三次の被害の可能性が高くなると言われました。バスは車体が大きく重量もあるので十分注意する事が必要です。続報を待たないと詳しくは原因が解らないので何とも言いがたいですが。被害を受けられた方のご回復を願うばかりです。

浦安市美浜でトラックが爆発炎上の映像画像!浦安警察署近くで事故の原因は何?8月22日の午前8時すぎ、浦安市美浜でトラックのタイヤがバーストするような破裂音が鳴り響き、トラックが炎上しました。現場は浦安警察署の近くで、約40分後に鎮火しています。...