×
事件・事故・災害

赤嶺永仁の言い訳がヤバイ、堺市ポリタンク落下事故トラック運転手逮捕!バイクの親子が重軽傷、現場どこか特定

8月8日、大阪府堺市の路上を走っていたトラックから大きなポリタンクが路上に落ち、対向車やバイクにぶつかる事故がおきていました。

この事故を起こしたトラックは現場から逃走をしており、その行方が追われていましたが、ついに逮捕されたことが明らかになりました。

一歩間違えれば死者が出ていた事件、、運転手の正体は?

堺市の路上でトラックから大型ポリタンク落下

この事故は2022年8月8日に大阪府堺市内の路上でおきており、当時のドライブレコーダー映像から事態が判明しました。

当時、対向車線を走るトラックから突然荷物が落下して車に衝突し、さらに落下したポリタンクは車に弾かれてトラックの後ろを走行していたオートバイに直撃。

オートバイには父親(41)と中学生の息子の2人が乗っていましたが、ポリンタンクが直撃した父親は鎖骨を折るなどの重傷、息子もバイクが転倒した際に打撲などの怪我をしています。

荷物を落としたトラックは、救護措置などを取らずに現場から走り去っていて、警察がひき逃げ事件として行方を追っていましたが、逮捕されたことが明らかになりました。

過失運転致傷などの疑いで逮捕されたのは、会社員の赤嶺永仁 容疑者(65)

参考:荷台からポリタンク落とし逃走、トラックを運転していた男を逮捕 「落下させた認識なかった」と供述

スポンサーリンク


ひき逃げなどの疑い、赤嶺永仁が容疑を否認

この事件で赤嶺容疑者が逮捕されたきっかけは、勤務先の関係者が報道で事件を知ったことから警察に申し出たことで判明しており、本人によるものではなく逮捕後に赤嶺容疑者は容疑を否認しています。

「ポリタンクを落下させたこと、そのものの認識がなかった。ひき逃げしたと言われても納得できない」

事実ベースからすると、「過失運転致傷」は確実であり、ひき逃げに関しても落ちた際の音や事故の音が聞こえないはずはなく、また荷物を運び終えた後にあれだけの大きさのものがなくなっていれば把握していてしかるべきであることから、知っていて逃げた可能性は非常に高と考えられます。

ドライブレコーダーの映像でぱっと見ても他の荷物もしっかりと固定がされていないように見え、同様の事故を過去にもおこしている(もしくは危険行為を繰り返していた)可能性も。

 
なお、この事故で怪我を負ったのはバイクに乗っていた男性(41)と中学生の息子で、父親は鎖骨を折るなどの重傷、息子も打撲などの怪我。

ドライブレコーダーの車の運転手は女性で打撲などの軽傷、車には1歳の子どもも同乗していたようですが、怪我はなかったようです。

 

赤嶺永仁 容疑者の顔画像や経歴、余罪や会社どこ?

逮捕された赤嶺容疑者に関して顔画像などの情報は公開がされておらず、過去の経歴についても判明していません。

名前:赤嶺 永仁
年齢:65歳
性別:男
職業:会社員
会社:不明
住所:不明
罪状:ひき逃げ、過失運転致傷
10年以下の懲役または100万円以下の罰金
懲役7年以下または罰金100万円以下

スポンサーリンク




ポリタンク落下事故の現場はどこ堺市南区槇塚台2丁目

事故がおきたのは、下記の住宅街そばの道路上でした。

大阪府堺市南区槇塚台2丁目

 

トラックからの落下物事故にネットの意見は

あれだけ大きなものを載せていたのに到着後になくなっていることにも気づかない事自体あまりに適当すぎる。普通は落としたことに気づかなくてもなくなってることには気づき、すぐに警察に相談するか通った道を確認に行くのでは?それすらせずに報道で知った同僚から聞いて、なんてありえない。というか荷台から落ちないようにロープで固定するのが当たり前だし、後方でバイクが転倒したらそれなりの音がするしサイドかバックミラーで確認するわ。どちらにしても報道まで気づかないなんてことはありえないと思うけどね。

あれだけの大きさのタンクが落ちた認識がなかったとは間違いなく嘘でしょう。それよりもしっかり固定していない事自体が大きな責任問題。殺人未遂に等しい。このような反省もしないようなドライバーは必ず厳罰に処して下さい。それにしても本当に人間の心を持たないドライバーが多すぎる。もっと厳しい罰則規定に法改正すべき。

職業柄、工事用の水タンクであることがわかる。セメント用だったり、アスファルトカットに使ったり、市内の工事業者であることは、すぐにわかるし、運転手も、少なくとも会社や現場に着いたときに気づいたはず。水タンクの固縛を忘れて発進してしまったのだろう。初歩的なミスが、重大事故につながる典型的な例だ。ハインリッヒの法則が頭をよぎる・・・。

仕事で街中を車で走らせていると、どう見ても無茶な積み方をしているなと思わせるトラックに時々出くわします。平ボディーの荷台に建材らしきものを目一杯積み上げロープや結束バンドみたいなもので強引に縛り固めている感じです。それでいて運転も結構荒々しいから驚く。事故を起こして初めて自分の愚かな行為に気がつくタイプなんでしょうが、仮に巻き込まれるほうはたまったものじゃない!

そもそも積載物を落下させるのは道路交通法違反にあたるので、知らなかったや分からなかったは通用しません。怪我人が出てる以上、事の重大さをしっかりと受け止めてほしいものですね。

バイクの後ろを走っていた車が車間距離を開けていたから追突事故等が防げたように見えます。時々車間距離を詰めてくる車もいますが、感覚を開けるのは大事ですね。