×
事件・事故・災害

武藤啓志の顔画像判明で犯行動機がヤバイ!東大和市で無免許運転発覚から逃走、車4台絡む事故

7月31日の朝、埼玉県東松山市で車4台が絡んだ衝突事故が発生した多重事故で、事故の原因となった乗用車を運転していたドライバーが事件の直前に警察から逃走し、暴走の末に起こした事件であったことが判明しました。

さらに事故後も現場から逃走をしていた犯人の名前や顔画像などが公開されました。

卑劣な犯人の正体は。

東大和市で車4台が絡む事故で運転手らが現場から逃走

事故(事件)は、2022年7月31日(日)の午前9時25分ごろ、埼玉県東松山市石橋の県道で起きた事故で、十字路交差点を左折した際、信号待ちで停車していた軽貨物車と正面衝突し、そのはずみで後続車と隣を走っていた車も巻き込んで、4台が絡む多重事故となったもの。

この事故で、ぶつけられた車を運転していた男性(78)が右鎖骨骨折などに全治不詳の傷害を負っていますが、事故を起こした運転手は車を乗り捨ててその場から逃走をしていました。

『交通事故後に運転手と同乗者が逃走した』

被害を受けた男性の110番通報から駆け付けた警察が、現場近くの公園にいた容疑者らを発見し、職務質問から埼玉県警東松山警察署に任意同行して容疑が固まったため、逮捕となりました。

スポンサーリンク


武藤啓志がヤバイ!無免許運転事故前にも警察から逃走

この事件で埼玉県警東松山署が、8月1日に自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、川越市豊田町に住む自称アルバイトの男、武藤啓志 容疑者(26)を逮捕しています。

当時の様子から、武藤容疑者は呼気検査や尿鑑定を受けていますが、アルコールや薬物成分などは検出されませんでした。

ただ、無免許となったのは交通違反の累積によるものであり、免許が取り消されていたことが判明しており、「無免許過失運転致傷」の疑いも持たれています。

 
また、この事件の前に武藤容疑者は一時停止違反でパトカーから車を止めるよう求められていて、一度車を止めたものの警察官がパトカーを降りて近づいてきたところで逃走し、暴走行為の末に多重事故を起こしています。

 

乗っていた車は窃盗車?他人名義の車運転、同乗者らも逮捕か

逮捕された武藤容疑者は、「無免許で事故を起こし、現場から立ち去りました」と容疑は認めていますが、違反を何度も繰り返しての「免許停止」からのさらに悪質な犯行のため、反省は一切していないと思われます。

なお、武藤容疑者が乗っていた車は、他人名義のものであったことが判明していて、この持ち主は同乗者の男とは別人とされています。

無免許と知っていいて車を貸したり、同乗すれば道交法に抵触する可能性があるため、この2人が逮捕される可能性もあり、警察が今後事情を聴く方針としています。

スポンサーリンク




武藤啓志の顔画像や経歴、前科について

逮捕された武藤容疑者について顔画像なども公開がされていますが、映像ではふてぶてしい態度で歩いておりその表情からも反省の色はうかがえません。

武藤啓志

名前:武藤 啓志
年齢:26歳
性別:男
職業:アルバイト
職場:不明
住所:埼玉県川越市豊田町3丁目
罪状:自動車運転処罰法違反(過失傷害)、無免許過失運転致傷、道交法違反(ひき逃げ)
※7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金(10年以下の懲役)、10年以下の懲役または100万円以下の罰金

車の持ち主、同乗者の男に関しても、教唆などから逮捕される可能性が出ています。

 

無免許からの多重事故さらにひき逃げ、ネットの声は

こんなことで人生を棒に振るとは、全国に名前も知れて、若いのに。免許停止中だったのかな、これからの方が辛い人生が待っているね。

基本的に簡単に犯罪を起こしすぎると思う。犯罪を抑制するには、検挙率のUP、悪い事をすれば必ず捕まるという事と。今以上に罰則を重くする、捕まれば犯罪を犯した以上のリスクが待っていると思わせる事。日本はまだまだ罰則が軽いから、飲酒とか無免許とか、無車検が減らないのだと思う。今の3倍くらい重い罰則でもいいと思う。

前にも無免許運転で重大事故を起こした事件で、裁判官は「それまで、問題無く走行していた。技術的にも危険運転を適用出来ない」とかで、軽い量刑でしたね。走行技術がではなく、そもそも運転する資格が無い者が運転して重大事故を起こしたら、問答無用で危険運転と同様の量刑にすべきでしょう。

無免許で車が運転出来るのがおかしい。免許証にICチップがはいってるんだから、かざさないとエンジン起動しないとか出来そうじゃん。交通に関する法律が時代錯誤の古いままというのもあるのでは?もっと厳罰化すべきだし、車に乗ると過失が前面に出てくる謎。なんとかしてほしい。

なんかこうした事故や事件起こした人物の名前や顔画像出すのをやめろとか騒いでいる人物が一定数いるみたいだけど、それは自分が同様の行為を行っているからってことだと思う。事件などおこさなければ公開はされないのに、悪質な犯行を擁護する意味はそれだけだと思う。

技術的には運転免許がなければ車の運転ができないようにできるけれど、金銭的な問題などはあると思う。ただ、一番の要因としてはそれを入れると車が売りづらくなるので、車会社などからの圧力がかかっていること。こうした例は珍しくなく、おかしな事例がある場所で利権が絡んでいる。

まずは パトカーなどの停止命令から逃げようとさせないために『パトカー停止命令違反罪』なるものを新設して逃走したら無免許運転や飲酒運転以上の罰になるようにしたらいい。そのうえで 無免許運転での免許取得への失格期間現行の1年から最大10年までを、最大20年や30年に拡大すれば抑止となるはず。同乗者や車を貸した人間は 犯人が無免許だったとは知らなかったと 言い張るでしょうが、たとえ知らなかったとしても、同乗者も車をおいて逃げているわけだし免許停止処分が妥当 貸した人も同じく連帯責任を取らせないと。