×
事件・事故・災害

沖縄、生後3カ月男児心肺停止の認可外保育園どこか特定や乳児死因は何?一時保育職員の説明がヤバイ

沖縄の認可外保育園で、7月30日の午後に預けられていた生後3カ月の男児が死亡していたことが判明し、多くの注目を集めています。

近日、幼い子供が死亡する事件や事故が多く出ており、死亡した原因は何だったのか?

沖縄の認可外保育園で乳児が死亡、、

これは、2022年7月30日(土)の昼ごろ沖縄本島にある認可外保育園で、当時預けられていた生後3カ月の男児が、保護者が迎えに行った際に心肺停止の状態となっていたも保護者

男児は保護者の通報によって駆け付けた救急車によって病院に搬送されましたが、間もなく死亡が確認されています。

遺体に目立った外傷はなく、死因などは現状で不明であり警察などが詳しい状況を調べています。

参考:保育園に迎えに行くと乳児ぐったり 体の一部は冷たく 沖縄の認可外園、一時保育の男児死亡

スポンサーリンク


一時保育、保育園の職員説明がヤバイ

警察などの捜査関係者によると、一時保育を利用していた保護者が保育園に迎えに行った際に、男児はすでにぐったりとした様子で体の一部が冷たくなっていたことがあきらかになっています。

また、迎えに行った際にも男児がなかなか出てこない状況え、15分後に保育園のスタッフが白目をむいてぐったりした様子の息子を抱いてできており、次のように説明をしたとしています。

「寝ていたから体が冷えている」「息もしているので大丈夫だ」

保護者は男児の異変から「死んでいるかもしれない」と119番へ緊急通報ましたが、その際に男児はすでに意識と呼吸がない状態だったとされていて、消防は隊員が駆け付けるまでの間に心臓マッサージをするよう指示して、母親が1人で心臓マッサージを続けていました。

それに対して保育園のスタッフは「まだ息していますよ」「生きているから落ち着いてください」と繰り返していたとされています。

 
今回の件を受けて保育園側は次のように回答を拒否しています。

「遺族のプライバシーもあるので、現時点で話せることは何もない」

 

生後3カ月男児心肺停止、認可外保育園はどこ

生後3カ月の男児が心肺停止の状態で見つかり死亡した事件、この認可外保育園があるのは沖縄本島とされていますが、詳しい場所については明らかになっていません。

今回、生後3カ月の男児が心肺停止となったもの、出ている情報が真実であれば保育園側の対応に不審な点が多く、出てくるまでに時間がかかっていた際にすでに異変に気付いて死亡しているのがわかっていたと思われます。

すぐに救助していれば助かった可能性もありますが、それらを無視して隠ぺいすることを決めての行動だと考えられます。

 
認可保育園と認可外保育園の違いについては、その名前の通りに厚生労働省管轄の児童福祉施設であり、国が定めたさまざまな設置基準をすべてクリアしており、都道府県知事に認可されているかどうかといった点になります。

認可外保育園は、認可保育所よりも緩やかな基準が設けられている保育施設で、「認可外保育施設」や「無認可保育園」と呼ばれることもありますが、「認可外保育施設指導監督基準」によって、職員数や設備に関して一定の基準は設けられています。

これによって認可外保育園であっても、厚生労働省の指針に基づき各自治体の立ち入り調査などが定期的に行われているはずで、適正な保育環境は整備されているとしています。

ただ、この調査が現在本当に適切に行われているのか?といったことには少し疑問の声もあるようです。

スポンサーリンク




沖縄、生後3ヶ月の男児死亡にネットの意見は

普通生後3ヶ月は預けないとか、預かる園はないとか(言い方は違うかもしれませんが)言われていますが、私の次女は生後3ヶ月から保育園に預けていましたよ。慣らし保育で初日は2時間からスタートし、徐々に時間を伸ばしていく感じでした。ミルクや睡眠、オムツ交換などすべて細かく記録してもらい、とても良くしていただきましたよ。寝てたから体が冷たいとか、ありえないですね。預けたお母さんを責めることはやめて欲しいです。園の責任だと思います。

35年前。公務員の産休は、産後2ヶ月まででした。公務に復帰するために、事前に保育園を選び、初めて預ける日は不安でドキドキしたのを覚えています。親を非難する人は、多くの母親がどうやって子どもを育てて来たかを知らない人ですね。今は保育園施設も大幅に増えてるし、母親のリフレッシュのためのファミリーサポート利用も認められています。心配なのは、保育の質を行政が支えきれていないことです。社会全体で子どもを育む意識を強めて欲しい。こういう事故・事件をきっちりと検証して欲しい。

一時保育って事は、普段から預けていてこの日は一時保育だったのか、スポット的な利用で初めてだったのかも分からないし、何時間の預かりだったのかも分からないけど、3ヶ月の赤ちゃんで、よく寝てるな~位で定期的な確認もしなかったのかな?沖縄だし、今は観光ピーク期で、保育を頼らざるを得ないご家庭も多いと思うから、保育所も大変だとは思うけど。でもいくら何でも、お迎えの時に、寝てたから体が冷たいとか、息してるとか、言い訳にしか聞こえない。

多分、利用している園です。私も一時預かりの利用ですが、利用開始前に見学しました。曜日や時間帯で担当スタッフが変わっていたので、当時の先生がどの方かは知りませんが。見学や、実際に送り迎えをしたところ、不信感は感じませんでした。記録もくれるし、子どもの様子を尋ねたら質問に即答できる程度には見てくれている様子。担当の先生も穏やかで嫌な雰囲気は無かったので驚きと悲しさで、混乱しています。記事を読む限り、今回の園児・保護者への対応が良くないと感じています。今後は何に着目して保育園を選ぶべきなのか、悩ましいです。

「生後3か月」 「一時保育」、このキーワードだけを見ると、突然死の可能性もあるのかな、と思いました。また慣れない新入園児などは突然死が起こりやすい状態だと聞いたことがあります。なので、注意深く見ておく必要があります。認可保育園だと、1歳までは呼吸のチェックは5分ごとに、1歳以上は10分ごとに行うようなマニュアルがあるはずなんですが、認可外で、この保育園がどこまで対応していたのか…。赤ちゃんを見ていたかたも、保育士資格があったのかな、とかいろいろ考えてしまいます。認可保育園でマニュアル通りに保育をやっていても、突然死や事故を完璧に防ぐことは出来ませんが、ある程度防ぐことが出来ますし、何かあったときにすぐに対応出来ます。しっかり対応出来ないのであれば、尊い命を預かってはいけないと思います。