×
事件・事故・災害

印西市吉高事故運転手の名前や経歴誰か特定!山崎英敏顔画像、飲酒運転で野仲隆宏さん死亡も容疑否認がヤバイ!会社や自宅どこ?

2021年12月、千葉県印西市吉高の国道464号で、車同士が正面衝突する事故がおきていました。

この事故の原因をおこしたとされる人物が、1月26日に逮捕されたことが明らかになりましたが、その原因が飲酒運転での対向車線にはみ出しての事故にも関わらず、容疑を否認しており、事件について注目が集まっています。

印西市吉高、国道464号で飲酒運転の車が正面衝突事故

これは2022年12月26日(日)の午後9時45分、千葉県印西市吉高の国道464号で、ワンボックス車が対向車線にはみ出し、軽ワンボックス車に正面衝突した事故。

衝突した車はともに大破し、軽ワンボックス車を運転していた栄町竜角寺台に住む会社員の男性、野仲隆宏さん(28)が搬送先の病院で死亡、ワンボックス車を運転していた、東京都板橋区に住む自称個人事業主 兼 会社員の男、山崎英敏 容疑者(56)は胸などを打ち病院に搬送されて治療をしていました。

その後、警察は怪我の回復を待っていましたが、事故(事件)から約1ヶ月経過の1月26日に、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の疑いで逮捕されたことが明らかになりました。

 
正面衝突となった事故の原因はなんだったのか?

スポンサーリンク


飲酒運転で対向車線にはみ出し事故も、容疑を全面否認

山崎容疑者の逮捕容疑は、印西市吉高の国道464号でアルコールの影響により正常な運転が困難な状態でワンボックス車を運転、前の車を追い抜く際に対向車線にはみ出し、軽ワンボックス車と衝突して野仲さんを殺害した疑いのもの。

これに関して山崎容疑者は次のように述べて容疑を全面否認しています。

「事故を起こしたことは間違いないが、相手(の車)が飛び出してきたからぶつかった。酒は飲んでいない」

 
事故後の検査で基準値を超えるアルコールが検出されていたようですが、さらに対向車線にはみ出しておいて、相手が飛び出したなどと荒唐無稽な言い訳をしている時点でかなりヤバイ人物であることが想像できます。

まさに死人に口なしといったもので、病院で治療を受けていた期間に言い訳などを考えていた可能性が高いです。

 

印西市吉高、死亡事故の現場はどこ?

事故があったのは、印西市吉高の国道464号線とされていますが、詳しい場所については確認中。

スポンサーリンク




山崎英敏 容疑者の顔画像や経歴は?

名前:山崎 英敏
年齢:56歳
性別:男
職業:自称、個人事業主 兼 会社員
職場:不明
住所:東京都板橋区
罪状:自動車運転処罰法違反(危険運転致死)
※被害者が負傷:15年以下の懲役、被害者が死亡:1年以上の有期懲役

罪状としては上記のものであるものの、飲酒での運転は未必の故意による殺人に近いものがあり、そうした犯行であってさらに罰則が軽くなる傾向にあるため、まだまだ甘い処分としかいいようのないもの。

 

飲酒運転で殺害された野仲隆宏さんについて

事故で死亡した野仲さんについて判明しているのは以下の情報。

名前:野仲 隆宏
年齢:28歳
性別:男性
職業:会社員
住所:千葉県印旛郡栄町竜角寺台4丁目
死因:不明(事故での衝撃か)

 

容疑者の悪質犯行と言い訳にネットの反応

対向車線に出ておきながら、相手の車が飛び出してきたからぶつかった、とはどういう言い訳だ?

走行車線も対向車線も分からないほど飲酒していたのかな。病院に搬送されたのならば血液検査済みでしょう。

こうした事件で無罪にしようとしたり、事件の情報自体を消すように動く弁護士がいるのが問題。そうした弁護士の情報は出していって悪徳弁護士を減らすようにしないと。

以前、交通事故が多く、事故死も多い時に、「車は凶器」ということが言われていた。飲酒した者が、その「凶器」を振り回して、事故が発生して、相手が死亡した時に、単なる交通事故死と言えるのか?極端かもしれないが、殺人とする法規制があってもいいような気がするのだが。そうすれば、少しは飲酒運転による事故が減るのではないだろうか。

飲酒運転は厳罰化されたが一向に失くならない、飲酒運転だけでも免許取消し車は没収の上罰金1000万円、死亡事故を起こせば殺人罪並に全て危険運転で懲役20年が妥当。現在の罰則では抑止力になっていない。

これが人間の悪性。これだけやらかしといてまだ罪を軽くしようなどと愚かしい行為。やはり違反の多いドライバーに対しては適正試験を頻繁にやるべきだと思います。特に誰かを死傷させる事故を起こした者には二度とハンドルを握らせないで欲しい。失ってからでは遅い。

ハイハイ、これ状況わかります。464を松戸方面から来たのなら、吉高付近で中央分離帯のある片側ニ車線から、分離帯のない片側一車線に減員するんですわ。要するに二車線でゆったりだった片道道路が、そのままの幅と形で往復の一般道路になる感じです。高架のままだし、錯覚する可能性はあることはありますね。それでもとんでもない事故ですけれど。