MENU
事件・事故・災害

上田陸の顔画像、事故どこか特定で現場映像ヤバイ!加古川市平岡町二俣で車6台、男女10人負傷。パトカーから逃走飲酒運転の男

また、飲酒による悪質な事故が発生していました。

10月3日(日)の午前11時半ごろ、兵庫県加古川市で車6台が絡む衝突事故がおき、男女10人が負傷する大事故となりました。

運転手は事故直前にパトカーから逃走しており、飲酒運転であったことが判明しています。

加古川市平岡町、車6台絡む事故で男女10人が負傷

この事故(事件)がおきたのは、2021年10月3日(日)の午前11時半ごろのこと。

兵庫県加古川市平岡町二俣の市道で、加古川署のパトカーから逃走していた乗用車が、別の車5台を巻き込んで衝突するなど計6台が絡む事故が発生し、2歳~64歳の男女10人が重軽傷を負いました。

事故を起こした車を運転していた人物の呼気からは基準値の4倍を超えるアルコールが検出されており、加古川市尾上町長田に住むとび職の男、上田陸 容疑者(21)が、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕されています。

負傷した男女10人については、不幸中の幸いですが命に別状はないとされています。

スポンサーリンク


上田陸の犯行動機がヤバイ!衝撃の現場画像

逮捕された上田容疑者は、酒を飲んで運転したと容疑を認めています。

事故を起こす直前にJR東加古川駅近くの一方通行を逆走していたところをパトカーで巡回中の警官が発見し停止を求めたところ逃走。

上田容疑者の車は、加古川駅から南西約700mほどで先で軽乗用車に衝突するもそのまま逃走を続け、さらに約180m先で別の軽乗用車に追突。

弾みで前の2台とさらに玉突き事故を起こして巻き込まれた軽乗用車は歩道に横転。上田容疑者の車はさらに対向車線にはみ出して前から来た車にも衝突し、道路脇の電柱にぶつかってようやく止まっています。

死者が出なかったのが不思議なくらいの大事故、、その原因が飲酒運転ということで多くの怒りの声が上がっています。

スポンサーリンク




加古川市、飲酒運転の車による大事故の現場はどこ?

事故がおきた現場は下記のコンビニ前にある交差点近く。

兵庫県加古川市平岡町二俣

 

スポンサーリンク




上田陸 容疑者の顔画像や経歴、前科や余罪は?

逮捕された上田容疑者に関して現時点で顔画像などは公表されておらず、SNSなどでも本人を特定できる情報は確認できていません。

ただ、こうした犯行を行う人物は常日頃から同様の行動を行っている可能性が非常に高く、日中から過度の飲酒状態にあったや今回の犯行を考えると余罪などはかなり多く問題があった人物であることが容易に想像がつきます。

名前:上田 陸(うえだ りく)
年齢:21歳
性別:男
職業:とび職
職場:不明
住所:兵庫県加古川市尾上町長田

▼罪状:道交法違反(酒気帯び運転)
3年以下の懲役または50万円以下の罰金

逮捕容疑としては上記のものですが、今回被害者がかなり多く出ていることから損害賠償などの金額も膨大なものになると思われ、その総額は一生をかけても返しきれないほどの金額になると考えられます。

ただ、こうした場合に逃げ得になっているのが現状のため、厳しい罰則と強制的な返済を行う制度の整備が求められています。

スポンサーリンク




飲酒運転で大事故引き起こした男に怒りの声

警察から逃走して人身事故を起こし更に罪が重くなったな。飲酒運転で他者を巻き込んで免許は永久に取得出来ないようにしてもらいたい。

酒で事件や事故を起こした人物や一生禁酒、運転免許の没収でよいのでは?さらにネットで情報を公開して、違反したのを見つけたら賞金を与える賞金首的な感じにすればよいのでは?警察が対応できないのであればそうした制度(情報の共有でせめて通報)などもっと柔軟に考えるべき。

なぜこんな事件がなくならないかというと日本は犯罪者の人権を守りすぎてるからだよ。逮捕したら警察やマスコミなどが公開で容疑者に記者会見して
それをネットに公開したら犯罪なんて日本から激減するよ。何でそれに大人は気づかないの?

今回は飲酒も加わってるが、パトカーからの逃走は大事故になるんだよ。毎回危険な事になっている。煽り運転より危険度高いのでは?パトカーからの逃走は危険運転にするべきだ。日本では悲惨な事故が起きないと無理かな?

出会いがしらの事故などは、相手がいることだし仕方がない部分もあるかなと思うけど、飲酒運転は本人の意思で止められるのだから、もっと罪が重くても良いのではないだろうか。酒気帯び一発で懲役刑でも良いくらい。ただ、それをやると轢き逃げしたり当て逃げするヤツも出てくるので、なかなか難しいとは思うが。

日本の法律を改正して、刑事と民事の両方で最後の一円まで全て責任を取らせるべき。刑事裁判が終われば、民事の方の責任を取らない輩が多過ぎる。大半が被害者の泣き寝入りは有り得ない。民事で、補償を済ませ無いと完済するまで刑務所にて刑務作業で完済するまで収監するべき。日本の法律は、加害者に甘く被害者に過酷な物になっている。

『上田容疑者の呼気からは、基準値の4倍を超えるアルコールが検出されていて、警察はくわしい状況を調べている』いつも思う事だが、基準値の4倍を超えるアルコールが検出ってなっているのに何故「酒気帯び運転」になるのだろうか?そして逃げて事故を起こしているのなら危険運転ではないのだろうか?この基準を明確にして逃げて事故等なら危険運転、呼気から2倍を超えるアルコールが検出ってなったら酒気帯びではなく飲酒運転って事にして欲しいと思う。

~こちらも読まれています~
×