イベント

ハロウィン2019、またもや逮捕者続出!ごみ袋山積み立つ鳥後を濁す?その様子は?

2019年10月31日(木)はハロウィンも本番として全国各地でハロウィンを楽しまれていました。

しかし、その裏側では、今年も色々な問題が生じていました。

今回は、このハロウィンの裏側でおこっていた様子などをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


ハロウィン2019での逮捕者

東京の渋谷で行われていたハロウィンイベントでは、11月1日午前0時を前にして逮捕者が4人とのことで、逮捕内容としては下記になります。

この逮捕者については、10月31日午後8時前に渋谷駅前のハチ公前広場で、窃盗未遂や東京都迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで少年2人が逮捕されたほか、スクランブル交差点付近では午後8時25分ごろ、仮装していた女性(20)の体を触ったとして、都条例違反(痴漢)の疑いで男(51)が現行犯逮捕。

10月31日の午後9時45分ごろには、センター街のゲームセンターで男性店員(31)の顔を叩いたとして、暴行容疑で少年(19)が現行犯逮捕。

※11月1日の朝時点で逮捕者は9人

ちなみに昨年のハロウィーンでは、渋谷署管内で10月31日夜から11月1日朝までに、都条例違反や窃盗などの容疑で計13人が逮捕。

スポンサーリンク


渋谷ハロウィンの様子

スポンサーリンク


ハロウィンに関する反応

スポンサーリンク


ハロウィン終わりの渋谷

大量のゴミを落として帰る人が大勢いる一方で、ゴミ拾いをボランティアでしてくれる方もかなりの人数がいてくれたおかげで朝一番にはすでに、ハロウィン前よりもきれいな渋谷になっているようです。

最後に

ハロウィンでとくに賑やかさが話題となる渋谷の様子からまとめてみましたが、今回も逮捕者が出てしまうといった結果になってしまったのは残念です。

1億円の予算を投じた渋谷の警備体制ですが、これほどの税金を投入してまでハロウィンを行うのはどうか?といった疑問も多いようですね。

楽しめるイベントとしてはよいのですが、毎年問題が多いイベントの一つと認識されてもきているので、子供から大人まで楽しめるようなハロウィンとなってくれるのが一番ですね。

×