新型コロナ

97回箱根駅伝中止は?ファンテレビ観戦、やじうま路上観戦で新型コロナ感染促進か。東京箱根間往復大学駅伝競走

2021年1月2日(土)、第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が実施され、大きな話題となっています。

2日の前半戦が終了し、予想外の展開に一喜一憂の状況、そうした中、新型コロナにおける問題点があらわとなっています。

スポンサーリンク

箱根駅伝で路上観戦多数発生

1月2日、1月3日の2日間にわたって開催される、第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)。

天気にも恵まれ、2021年も開催が決定されましたが、2021年は新型コロナの感染拡大が懸念されることで、路上観戦などにも、「応援の自粛」が要請されていました。

全体的な観戦者は大幅に減ったようですが、しかし、そうした中でも1月2日の往路では、路上に多くの観戦者が詰め寄せ、中にはマスクもしていない人物も多数。

こうした事態に、ネットでも批判の声が上がっています。

スポンサーリンク


箱根駅伝ファンはテレビでの観戦選択

今回の、箱根駅伝では多くのファンがテレビによる観戦を選択し、感染拡大への対策などをしています。

しかし、自称ファンを名乗る多くのやじうま達は、自分がよければ他人への迷惑行為も辞さない姿勢で、路上観戦を選択し、次々と観戦スポットに押し寄せる事態に。

こうした行為から選手達への感染も懸念される状態です。

スポンサーリンク




観戦自粛要請無視にネットの声は?

今から大会を中止にするのは現実的ではないが、沿道での応援は自らで中止にできるでしょう。
箱根ファンを自認する方、良心が残っているなら明日はテレビで応援してください。
行くなよ行くなよと言われて行っていいのは出川さんと上島さんだけです。

箱根にでるまで血の滲む思いで練習を重ねたランナーの皆様の事を思うなら、
沿道の応援は本当に、控えて頂きたい。また、今年の受験生は、部活動等の引退試合もろくに出来ず
悔しい思いをたくさんした子達ばかりです。安全に受験できるよう、これ以上感染が拡大しないよう、
1人1人が気をつけて欲しいと思う医療従事者からのお願いです。

出る人は緊急事態宣言が出ようと出る・・・ああいう所で声援に出ている人々は
自分が新型コロナなんて関係ないと言う人なんじゃない?宣言出した所で殆ど効果ないと思う。
厳しい話だが、やはり罰則を伴う外出禁止令みたいな事をやらざるを得ないのかなぁ・・・
そういうのは嫌だなぁ。でも感染者は増え続ける一方だしなぁ。

東京都、神奈川県とも知事が緊急事態宣言発出を要請しているんだから、
はっきりと沿道観戦禁止を指示すべき。黒岩知事は昨年ゴールデンウィークの時には
がまんウィークなる標語を用いて不特定多数の携帯スマホへ緊急メールを送り、
具体的対象や行為が不明であるとして物議を醸した前歴がある。
今回汚名挽回として沿道市町村や沿道警備の方に観戦者への具体的声かけをするよう早急に指示すべきだ。
ため息しか出ないよ・・・。

我が家はコースから5分程度。毎年応援に行ってたが今年は勿論自粛。近所の高齢ジジババは
「今年は人手が少ないから、1番前で見れるわ」と言ってニコニコ出掛けたらしい…(御近所さん談)
一番前で応援したいのは選手娘の家族や駅伝部、母校の生徒でしょ?
TVで見てても高齢者の姿が目に付く。貴方達、高齢者を守る為なのも自粛の一つなんだけどさ、分かってる??

24時間テレビを中止にしなかった日テレが今更中止にするとは思えない。
責任として、沿道にいるTV関係者が近隣住民に呼びかける。とにかく抑える。
沿道に出ている人、生放送で顔が出ているですよ。
自分で自粛破っているって、晒しているんだよ、わかってるの!

~こちらも読まれています~
×