新型コロナ

那覇市、クラスターのコールセンターはどこ?名称や場所は?新型コロナ感染拡大、原因は歯磨き?それとも、、

沖縄県内での12月11日(金)の新型コロナウイルス感染者が、51人にもなったことが確認され、その動向に注目が集まっています。

また、那覇市では新たなクラスターが発生しており、更なる注視が必要です。

スポンサーリンク


沖縄県那覇市で新たなクラスターが発生

沖縄県で、12月11日に新たに感染したのは10歳未満 ~ 70代の男女51人で、そのうち感染経路が判明しているのは29人。

把握ができている感染経路の内訳は、家族内、会食・飲食、職場関係からの感染者などからの感染が確認されています。

そうした中、新たなクラスターが那覇市内のコールセンターで発生しており、これまでに15人の感染が確認されました。

スポンサーリンク




クラスター発生の原因は何?歯磨き?

今回、クラスターとなったコールセンターの事務所では、同じ洗面所で同時間に複数人が歯を磨いていたとされており、こうした一ヶ所に多くの人が集まっていた状況が原因ではないかと考えられています。

歯を磨く際にはマスクを取ったり、距離が近くなったり、おしゃべりをしたりといった行動が考えられ、適切な距離や対策(清掃・消毒)が必要となりそうです。

スポンサーリンク

新型コロナクラスターのコールセンターはどこ?

新型コロナのクラスターが発生したコールセンターについては、那覇市内のコールセンターであることは出ていますが、現在までにその情報が公開されていないようです。

下記は、那覇市内の主なコールセンター(※出てないものもあり)

スポンサーリンク




コールセンタークラスターは7月末に沖縄市でも発生

新型コロナのコールセンターでのクラスターは、沖縄県沖縄市にある雇用促進等施設「BCコザ」内にあるトランスコスモスマーケティングチェーンマネジメントセンター沖縄コザで、7月22日~27日にかけて、新型コロナウイルスの感染者が5人確認され、クラスターとなっています。

この時には、センター内およびBCコザのビル共用部の消毒を実施し、濃厚接触者は自宅待機させ、業務に関しては他センターへの振り分けや在宅ワークなどで出勤人数を極力下げての対応、同センター内にあった沖縄市立図書館の一時閉鎖などをして対応をしていました。

沖縄市雇用促進等施設(BCコザ)
沖縄県沖縄市中央2-28-1

 
那覇市内のコールセンターでの新たなクラスターに関しても、単体の会社でない場合は、施設内の別の会社などへの影響があると考えられ、その対策がなされているのかが不安です。

スポンサーリンク




新たなクラスター感染にネットの声は?

歯磨きの飛沫が原因と言うよりは、同じ洗面所で同じ時間に女性が複数人いたら、おしゃべりするでしょうね。無言で済ますってなかなか難しい。

うちの会社の女性社員、フロアを歯磨きしながらうろちょろする!
他の社員が食事してる脇をしゃべったり大笑いしながらあるいてる。きったない、信じられない光景。

会社にいます。ハミガキしながら喋る人。口をモゴモゴしながら喋る。そもそもあんまそう言うの好きじゃない。
新型コロナじゃなくてもただでさえなんか衛生的じゃない。歯磨きが原因っていうより密でしゃべるからじゃないのかなあ。

磨きって確かに周囲に全く気を使わない人がやると黙って磨いてても飛沫飛びまくるよね。
鏡掃除してると一人で磨いてた人の後、鏡に飛び散った歯磨き粉が大量についてる事あるし。うーん、盲点。

私の職場では休憩室を巡回する係りがいて食事中に会話してると注意され、反論すると上司や派遣元の会社に報告されます。
食べる時は無言、食後はマスクをして会話するように指導されています。
それに慣れてしまったので外食で4人がけテーブルに4人で座りペチャクチャ話す人の多さには呆れるし怖いです。

歯科医師会から、歯磨きが要因のクラスターと発表されてるわけではないですよね?
歯磨きしながら喋る人もたくさんいるし、職場の衛生環境はどうだったのかなど、課題は多々あると思います。休憩室の換気も含めて。
「歯磨き=クラスター」という言葉が1人歩きしないことを願います。
誤解を招いて、歯磨きや口腔ケアを拒む人が出てこない事を、切に願います。

~こちらも読まれています~
×