新型コロナ

うがい薬「イソジン」転売で逮捕者続出か?「ミヤネ屋」大阪、吉村洋文知事の会見でポビドンヨード入り買い占め混乱

8月4日(火)大阪府の吉村知事と大阪市の松井一郎知事が、医療機関とともに記者会見を開き、その会見での発表内容が話題となっています。

しかし、その内容から新たな混乱と、逮捕者が続出する事態になるのではないか?といた予想がされる事態が起きています。

いったい何があったのか?今回はこの出来事についてまとめてみました。

スポンサーリンク




大阪共同会見「コロナ治療」で大騒動

今回の会見は、大阪府の宿泊療養施設の療養患者41人を対象に1日4回、「ポビドンヨード」によるうがいを実施したところ、ウイルス陽性率の低下が認められたといった内容の発表がされています。

4日間でうがいを実施していない人の陽性率は40%までしか低下していないのに対し、うがいを実施した人の陽性率は9.5%まで低下したという。

このことから、ポビドンヨード配合のうがい薬が新型コロナウイルスの感染対策に効果が認められるという研究結果を発表がされました。

コロナ軽症者にうがいを実施したところ陽性頻度の低下が確認されたという。

 
しかし、この会見からすぐに薬局などで買い占めや、転売が開始されるなど大きな騒動となっています。

また、実際の効果についてや、利用が危ぶまれる人など、そういった情報を知らない人が利用して体調を崩すなどの被害が起きる可能性があり、注意が呼びかけられています。

スポンサーリンク

テレビの会見後、薬局などで買い占め発生

スポンサーリンク


イソジン転売で逮捕者続出?すでに転売開始

※イソジンクリアはポビドンヨードなし「指定医薬部外品」

スポンサーリンク




イソジンはコロナ治療に効果?妊婦は赤ちゃんに影響も

スポンサーリンク




薬局などに多くの問い合わせ、クレーマー出没!

薬局などではすでに売り切れ続出となっているようですが、それに対しての問い合わせが殺到し、悪質なクレーマーも出没しているようです。

大阪共同会見の「イソジン」について

薬局での売り切れ、メルカリなどでの転売行為、株式市場での混乱など、大きな影響を及ぼしている会見ですが、実際のところはまだまだ不透明な部分も多く、コロナの治療ではなく、感染の予防(感染している人が感染させるのを)といった範囲のものであると思われます。

・慌てて買い占めない
・転売しない
・利用に注意のある人は利用しない
 ※妊婦や甲状腺異常の方など

現状、風邪を含めてウイルス対策には、水道水によるうがいでも十分に効果が認められるとされているため、誤った情報に惑わされることなく、日頃の手洗い・うがい・消毒・マスク着用など、しっかりと行うことが一番の対策です。

~こちらも読まれています~