アニメ

小説、日本沈没がアニメ化!Netflixで公開日はいつ?湯浅政明監督作品

Netflixが小松左京のベストセラーSF小説「日本沈没」を、オリジナルアニメシリーズとして初のアニメ映像化することを発表しました。

アニメ映像の監督としては『ちびまる子ちゃん』『クレヨンしんちゃん』などの原画・監督も手掛けた湯浅政明さんが監督を務めるとのことで話題の作品となりそうです。

今回は、この有名作品である「日本沈没」のアニメ化について情報を集めてみました。

浜辺美波主演で約ネバ実写化!映画「約束のネバーランド」の他配役は?女優の浜辺美波さん(19)が、映画「約束のネバーランド」(平川雄一朗監督、2020年冬公開予定)に主演で出演することが決まりました。 ...
シティーハンターフランス実写版映画に沢城みゆき&山寺宏一の吹替予告が公開!2019年2月にフランスで公開され、観客動員数168万人を突破し大ヒットを記録した実写版映画「シティーハンター」が日本で11月29日(金...

日本沈没とは?

「日本沈没」は1973年に小松左京により発表されたSF小説で、これまでに累計460万部以上の売り上げを出すベストセラー小説です。

のちに「八甲田山」を手がけた森谷司郎監督による映画が同年の1973には邦画配給収入1位(28.2億円)の大ヒットを記録しました。

また、2006年にはのちに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』や『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、『シンゴジラ』の監督や担当に携わった樋口真嗣監督により草彅剛、柴咲コウの主演で再映画化され、こちらも興収53.4億円のヒットを記録しました。

※再映画化の際には、リメイク版ではなく再映画版として新たにストーリーなどに大きく変更がなされています。

スポンサーリンク


アニメ版「日本沈没2020」いつから放映?

正確な放映日はまだ決定していないようですが、2020年にNetflixより全世界独占配信が決定しています。

内容は全10話構成でアニメーション制作はサイエンス SARU(監督の事務所)

アニメ版はこれまでの『日本沈没』よりもさらに時代背景など様々な点での変更が加えられており、舞台は2020年の東京オリンピック直後の日本となります。

物語概要

都内に住むごく普通の家族・武藤家の歩と剛の姉弟は、突然の大地震に見舞われ大混乱の中、家族4人で東京からの脱出を試みる。しかし刻々と沈みゆく日本列島は容赦なく武藤家の面々を追い詰めていき、途方もない現実と向き合いながら、歩と剛は未来を信じ、懸命に生き抜く強さを身につけていく。。

スポンサーリンク


アニメ監督「湯浅 政明」さんについて

アニメでは懐かしの作品から意外な作品まで多くに関わっていて、年配の方から、若い方まで知っている作品も多いのではないでしょうか。

「美味しんぼ」「キテレツ大百科」「エスパー魔美」「おそ松くん」「メダロット」「サムライチャンプルー」「ダンタリアンの書架」「LUPIN the Third -峰不二子という女-」

さらに、劇場アニメでは「ドラえもんのび太の」パラレル西遊記、アニマル惑星、ワンニャン時空伝、「映画ちびまる子ちゃん」「劇場版クレヨンしんちゃんシリーズ」といった作品を手掛けています。


本名 :湯浅 政明
誕生日:1965年3月16日(54歳)
出生地:福岡県
職業 :アニメーション監督
    アニメーター
    アニメーション演出
事務所:サイエンスSARU

略歴
九州産業大学芸術学部美術学科を卒業後、1987年に亜細亜堂へ入社。

1990年から放送開始の『ちびまる子ちゃん』では本編原画や作画を担当。

1993年から始まる『劇場版クレヨンしんちゃんシリーズ』へは第一作目から設定デザイン・原画などを担当。

1999年、『夜明け告げるルーのうた』の原型となるパイロットフィルム『なんちゃってバンパイヤン』で初の監督

2004年公開の映画初監督作品『マインド・ゲーム』では脚本も務め、毎日映画コンクール大藤信郎賞、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞、パリ・KINOTAYO映画祭大賞、ファンタジア国際映画祭でアニメーション部門優秀賞ほか4つの賞を総なめに。

以降、『ピンポン THE ANIMATION』『四畳半神話大系』『夜明け告げるルーのうた』『夜明け告げるルーのうた』など数々の話題作品を生み出し、多くの賞を受賞しています。

近年の受賞作品

▼日本アカデミー賞
最優秀アニメーション作品賞受賞
『夜は短し歩けよ乙女』

▼第22回上海国際映画祭
コンペティション部門金爵賞
最優秀アニメーション作品賞受賞
『きみと、波にのれたら』

▼Crunchyrollアニメアワード2019
アニメ・オブ・ザ・イヤー
最優秀監督賞
『DEVILMAN crybaby』

スポンサーリンク


関係者のコメント

監督本人と、原作者の息子(次男)からそれぞれ作品についてのコメントが発表されました。

湯浅政明監督コメント

国ってなんだ?日本人ってなんだ?生まれた場所とそこの環境で何が決まるの?決まらないの?

子供の頃に疑問に思った自分へ答えるべく、このビッグタイトルへ挑みます!

オリンピックイヤーに起きた、国家の存亡にかかわる天変地異の中を避難する一つの家族と、たまたまそこへ居合わせた人たち、出会う人々にフォーカスし、大災害の顛末を描きます!ご期待ください。

小松実盛(原作者小松左京:次男)コメント

アニメ『日本沈没 2020』は、これまでの『日本沈没』から派生した劇場版映画、テレビドラマ、コミックとは全く異なる点があります。

地殻変動の詳細や政府の対応、海外からの支援も何もかもがわからない目隠し状態に投げ出されてしまった、令和の時代に生きる等身大の日本人一家に焦点が当てられているのです。

小松左京が『日本沈没』に込めた――“恐るべき危機を乗り越え生き残った日本人だからこそ、人類社会が直面する様々な危機への解決に貢献でき、世界で見直され、未来に特別な役割を果たせる”という想い。

『日本沈没 2020』を、世界中の人々に、日本が誇るアニメーションの手法を駆使した作品として楽しんでもらうと同時に、物語に込められた“災害への警鐘”と“危機を越え未来を切り拓く”というメッセージを受け取っていただければ幸いです。

スポンサーリンク


過去の映画化作品情報

「日本沈没」1973年版(140分)
監督:森谷 司郎、中野 昭慶(特技)
原作:小松 左京
脚本:橋本 忍
出演:小野寺 俊夫(藤岡 弘)
   阿部 玲子(いしだ あゆみ)
 田所博士(小林 桂樹)
   結城(夏八 木勲)
   山本総理(丹波 哲郎)
※出演の()内は俳優名

「日本沈没」2006年版(135分)
監督:樋口 真嗣
原作:小松 左京
脚本:加藤 正人
出演:小野寺 俊夫(草なぎ 剛)
   阿部 玲子(柴咲 コウ)
田所 雄介(豊川 悦司)
鷹森 沙織(大地 真央)
  結城 慎司(及川 光博)
山本 尚之(石坂 浩二)
※出演の()内は俳優名

スポンサーリンク


最後に

原作小説にしても、過去の映画化にしても絶大な人気を誇っている作品だけに、どのように現代風にアレンジされたアニメとなるのかが気になりますね。

詳細についてはまたこれから続報が出てくると思いますので、情報を更新していきます。

浜辺美波主演で約ネバ実写化!映画「約束のネバーランド」の他配役は?女優の浜辺美波さん(19)が、映画「約束のネバーランド」(平川雄一朗監督、2020年冬公開予定)に主演で出演することが決まりました。 ...
シティーハンターフランス実写版映画に沢城みゆき&山寺宏一の吹替予告が公開!2019年2月にフランスで公開され、観客動員数168万人を突破し大ヒットを記録した実写版映画「シティーハンター」が日本で11月29日(金...