×
話題の出来事

姫路女学院高校ソフトボール部顧問の顔画像流出で名前も特定か!体罰で全治1カ月

姫路女学院高校でソフトボール部顧問を務める40代の男性教諭が、高校1年生の女子生徒(16)に暴行を加えて全治1ヶ月の怪我を負わせていたことが判明しました。

近年、教師による体罰というなの暴行・傷害事件が多発しており問題視されていますが、全治1ヶ月という非常に重い負傷を負わせているにも関わらず、甘い処分のみでなぜか逮捕されないこともしばしば。

今回の事件発覚に多くの人が注目をしています。

姫路女学院高校の教師が女性生徒に暴行加え全治1ヶ月の怪我

この騒動がおきたのは2022年9月24日(土)の午前中とされています。

姫路市豊沢町にある姫路女学院高校のソフトボール部顧問の男性教諭(40代)が、1年生の女子生徒(16)の顔を叩いて、全治1カ月の怪我を負わせる事件をおこしていました。

体罰(暴行・傷害事件)をおこした男性教諭はその後に保護者から面談を求められたため、9月26日(月)の夜に学校にしぶしぶ体罰を報告したことから学校側も事件を把握したことから、姫路女学院高校は10月1日にソフトボール部の保護者達に説明会を開きました。

説明会には約20人が出席しましたが、その際に複数の保護者から、教諭が日常的に部員の頭や肩をたたいていたと指摘があったという。

 
姫路女学院高校を運営する「摺河学園」の摺河祐彦 理事長らが謝罪し、男性教諭の懲戒処分を検討するとした旨を述べています。

男性教諭は「申し訳ないことをしてしまった」と話しているとされていますが、その本心は。。

参照:女子生徒の顔たたき、顎が外れた状態で5時間以上立たせる その間暴言も浴びせる 姫路女学院高ソフトボール部顧問

スポンサーリンク


ソフトボール部顧問の体罰(暴行傷害事件)がヤバイ!

こうした暴力行為は、学校ではなぜか体罰として事件と切り離されることが多く、暴行や傷害事件であるにも関わらず、注意などの甘い処分のみで終わることもまだまだ多くあります。

指導や躾などの範囲もありますが、近年は親であっても通報から逮捕される騒動も増えてきているため、暴力を伴った行為全般が忌避されるものとなっています。

 
この事件で男性教諭(仮)が女子生徒に体罰(暴行)を加えた際、女子生徒は顎が外れた状態となっていたとされています。

そこからさらに5時間以上、顧問のそばに立って暴言を浴びせられたことから、精神的なショックなどから登校できない状態となっており、生徒側は10月3日にも兵庫県警に被害届を提出するとしています。

 
また、事件が起きた日の経緯としては男性教諭が9月24日の午前中、兵庫県上郡町であったソフトボールの地区大会で女子生徒がユニホームを忘れて来たことを母親からの連絡で知って立腹したとしています。

そのため顧問の男は母親に電話で「1発どつきますよ」と話した後、生徒の頬を1回たたいて「帰れ」「お前なんかいらん」などと暴言を浴びせたとしていますが、顎が外れるほどの強さで叩くといった行為から、教育・指導とういよりも、自分がムカついたために行った行為と考えられます。

女子生徒は教諭に許してもらおうと、怪我をしたまま午前中から午後になってもずっとそばに立っていましたが、教諭は「お前なんかおらんでもやっていける」などと暴言を吐き続け、翌日の大会でも女子生徒の尻を蹴り、頭を叩くなどの暴行を繰り返しており、完全な私事による犯行。

女子生徒は口を開けにくい状態が続いていましたが、その後に外傷性開口障害と診断されています。

 

姫路女学院高校とはどこ?(兵庫県播磨高校)

この学校は姫路駅からほど近い場所にある学校、2020年に兵庫県播磨高校から校名を変更していたようです。

これは創立100周年記念事業における「校名の変更」についてとしてHPにも記載がされています。

本校では、2021(令和3)年の学校創立 100周年を控え、かねてから記念事業を検討して参りました。その結果、わが国の時代の節目、さらに本校の歴史の節目を迎えるにあたって、2020年4月から校名を「姫路女学院」に変更することになりました。IT化やグローバル化が加速する中、教育にも変化が求められています。本校は時代の先を見つめ、歩み続けた1世紀の伝統を礎に、新しい学びの場を創造します。

姫路女学院中学校・高等学校兵庫県姫路市豊沢町83番地

今回の件について学校側が教諭について

「自分にも生徒にも厳しく当たる傾向はあったのではないかと日頃の様子をみていたら思うところです。熱心な教員で教科指導についても遅くまで商業科の生徒に資格を取得させるために残って指導をする姿を度々見ていた」

スポンサーリンク




姫路女学院高校ソフトボール部顧問の男性教諭の名前や顔画像

姫路女学院高校でソフトボール部顧問をしているとされる40代の男性教諭について、現時点では名前や顔画像など詳しい情報は確認ができていません。

Instagramなどで一部情報が出ているようですが、2020年の情報と古いものなので現在も同一の人物かが不明でしたが、4年前から顧問を務めているとのことで本人であることが確認されました。

引用:ソフトボール部、後期西播高等学校女子ソフトボール大会で初優勝


名前:不明
年齢:41歳
性別:男
職業:高校教諭(仮):ソフトボール部顧問
学校:姫路女学院高校(旧:兵庫県播磨高校)
住所:不明
処罰:不明
罪状:不明

現時点で学校側からの処罰も、刑事罰としてもそれらの情報はでていませんが、10月3日に被害届をだすということから逮捕される可能性も出てきています。

学校側は懲罰委員会を設置して懲戒処分を検討するとされており、現在は自宅で謹慎しています。

学校側の処分は身内に甘いものが多いですが、事件の内容にもよりますが事件をおこした教師がその後も別の場所で教師を続けられる制度に疑問を呈する声は多いです。

 
犯行前に母親に「1発どつきますよ」と告げていたようですが、加減もできておらずさらに長時間ぐちぐちと暴言を吐くなど陰湿な行為を続けており、さらに翌日になっても別の暴行を加えているといったことから、日ごろからの常習性があった可能性は高いと考えられます。

この事件をきっかけに過去の余罪なども明らかになってくると思われ、暴行・傷害事件を体罰として有耶無耶にしてきた学校側の治外法権状態に改めてメスが入る形に。

 

またおきた教師による体罰(暴行・傷害)事件にネットの声

これほど体罰がニュースになっているのに何故なくならないのでしょうかね?本気で再発防止策を考えていないからでは?

ひどすぎやし怖すぎ…こんなことされたらトラウマなるよ…ここまでの厳しい指導なんていらない。

暴力がNGという常識をアップデート出来ない、女性の顔を殴ってはいけない、力加減すらできない…そんなの知らんのが教師とか恐ろしいね。

これも氷山の一角でまだまだ教師やコーチによる体罰とうなの暴行・傷害などの犯罪行為は多く残されています。根深い事柄なので一度徹底的に膿を出し切らないとなくならない。体罰でしか指導できないというのであればそれは完全な実力不足なのでクビにしたらいい。

こうした事件で一定の厳しい指導は必要と思うけれど、指導と体罰などされる境目が難しくなっているのも事実で、そうした傾向を逆手にとって生徒側が暴走していることもあるが、それなら校則を作って従わなければ停学や退学などをできるようにしたらいい。(ただし、ブラック校則は除く)