その他の話題

【注意】エアコン室外機窃盗事件が多発!Twitterなどでも拡散、盗難防止の対策や、窃盗の理由は何で犯人は誰?画像・映像

日本全国各地で毎日のように様々な事件や事故がおきていますが、Twitterではエアコン室外機の窃盗事件が大きな話題となっています。

エアコンの室外機窃盗が多発!注意喚起広がる

これはTwitterで10月28日に登校されたツイートの内容で、エアコンの室外機が盗まれたことに対する投稿です。

 
また、こうした窃盗事件は全国で多発しており、全国に流れるほどのニュースになっていたこともあります。

スポンサーリンク


エアコン室外機窃盗の理由とは何?

室外機が盗難される理由として、室外機に使われている部品の中には銅やアルミなどが使われており、現在それらの価格が高騰していることから、金属買取業者に持ち込むことで数千円程度になることから効率が良いとして狙われているようです。

また、室外機はその名前の通りに外に出ていて無防備な状態でいることが多く、また固定しているのも簡易なものであるものが多いため、窃盗が安易に可能な状況であるのもその理由の一つとされています。

さらに近年ではより軽く小さくなっていることで、その効率が上がっているため狙われているようです。

この犯行自体はかなり昔からあったようですが、具体的な対策がとれずじまいとなっています。

 

エアコンの室外機窃盗を防ぐための方法は?

窃盗に関しては物理的なものである限り、窃盗を行う人はどのような対策をしても持っていくため100%完全に防ぐのは難しいとされています。

しかし、こうした窃盗事件などの対策で有効とされるのは、犯行に時間がかかる(面倒だ)と思わせて防ぐことにあるとしており、その対策として室外機の湖底に使われているプラスチックの台座をコンクリート製ブロックに変えて重くする、チェーンなどを付けて持ち出せないようにする。といった対策をすることによって一定の盗難対策になります。

さらに、光で警戒させる(防犯ライト)、音で警戒させる(防犯用砂利)、防犯カメラ(ダミーも可)を付けるなどの対策や、物理的に手が届きにくい高さにあげる、隔離する(柵などで囲む)といった方法も有効とされています。

また、こうした盗難に対しての保険などに入っておくのも万が一の際の対策で、特に高価な業務用のものであれば必須です。

~こちらも読まれています~
×