その他の話題

猫虐待、大阪大学病院職員の男は誰で名前や顔画像は?臨床検査技師、飼い猫に火をつけ書類送検の動機がヤバイ、、

飼い猫に消毒用のアルコールをかけて火をつけたとして、大阪大学病院の職員が書類送検されていたことが明らかになり、この事件に注目が集まっています。

病院の職員といった職にある人物がなぜそのような犯行に及んだのか?

スポンサーリンク

飼い猫に火をつける、、大学病院職員を書類送検

この事件がおきたのは、2021年1月9日(土)の夜のことであったとされています。

その日、大阪府箕面市にある「アクア動物病院」に1人の男が運び込んだ猫の姿は、ヒゲが燃えて無くなり、身体中が焼けただれていました。。

猫は一命をとりとめましたが、猫への虐待行為を病院へ運び込んだ飼い主の男がしていたと説明したため、獣医師はすぐに警察に通報しました。

この件で、1月26日(火)の夕方、大阪大学病院に勤務する臨床検査技師の男性が、動物愛護法違反の疑いで書類送検されました。

容疑者の男は、自宅で飼っていたネコに消毒用のアルコールをかけて火をつけた疑いがもたれています。

スポンサーリンク


飼い猫に火をつけ虐待!異常行動の動機がヤバイ、、

書類送検をされた容疑者の男は、自らネコを動物病院に運び込んでいますが、その際に理由を尋ねた獣医師に虐待の事実を説明していたようです。

「自分がやった。精神的に参っていた」「ストレスでやった」

虐待を受けたネコは、容疑者の男が4年前に箕面市にある猫カフェ「カーラ・キャット・カフェ」で保護されていた野良ネコを、通い詰めていた男が引き取った猫であることが判明しています。

 
アクア動物病院の獣医師のコメント

 「(猫は)僕も近寄るとかなり身構えるので、精神的にもやっぱりトラウマとして残っているんだろうなと。」

スポンサーリンク




大阪大学病院職員の男の正体は?名前や顔画像は。

今回、書類送検をされた男について、多くの情報は出ておらず、名前や顔画像はもちろん、住所や年齢などといった情報も公開されていません。

命を救う、病院という職場の職員がおこしたの命を奪いかねない凶行、新型コロナでの医療現場の大変さから精神的に参っていた可能性は考えられるものの、たとえそうだとしても命をもて遊ぶような行為は許されるものではありません。

名前:不明
年齢:30代
性別:男
職業:臨床検査技師
職場:大阪大学病院
住所:不明

▼罪状:動物愛護法違反(動物虐待)
5年以下の懲役又は500万円以下の罰金
1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

スポンサーリンク


新型コロナの影響?虐待が増加傾向。

動物虐待の検挙件数に関しては、10年ほど前から増加の一途を辿っているとされています。

2010年には33件だったものが、、2019年には105件と3倍以上になっており、この急激な増加の背景には新型コロナによる巣ごもりで家にいることが多くなったため、安易な考えでペットを飼いだしたといった事情もあるとされています。

命を預かる資格(責任)のないものが、安易に手を出し、飽きたら捨てる・虐待をするといった行為に走る。

こうした悲しい事件が起こらないようにするためには、どうするべきか。。

スポンサーリンク




猫虐待の病院職員の犯行にネットの反応は

ストレスを感じるたび、虐待していたのか引き取った4年の間に
何度虐待されていたのだろう、名前が公表されて、皆に知らせるべき。

まあ、素直と言えば素直なんだろうけどこの人は今後ペット飼っちゃダメだよね。
この猫ちゃんも取り上げて別の優しい里親さんへ。猫ちゃん可哀想はやく回復しますように。

ストレス溜まったって、していい事と悪い事があるでしょう。
そんな簡単な事がわからないなら、同じ事をされるべきと思います。
こういうのがいるから里親募集も怖いですね。
この子はどうか優しい里親さんのもとに行きますよう ! !

猫が可哀想過ぎる。猫カフェにいたのなら、猫好きの人間に囲まれて来たはず。
その中でも一番信頼したい飼い主にこんな事されるなんて。
この後この猫ちゃんはどうなるのか…二度とこんな目に遭わない環境で過ごせますように。

ストレスでやったという言葉を事件を犯した人が言うのを聞くたびに本当に嫌な気持ちになる。
ストレスで何をしてもいいの?皆色々と抱えている。
ストレスを理由に弱き生き物を虐めたり、殺したり、人に迷惑かけないで!

普通の人間はストレスのはけ口で動物虐待なんかやらん。この手の人間は必ず精神の疾患がある。
しかし、保護猫で大事にされて、譲渡まで行ったのに残念でならんね。
譲渡も審査基準の厳格化と、その後の追跡もしっかりとしないといけない。

スポンサーリンク




飼い猫にアルコールで火、、虐待に怒りの声

~こちらも読まれています~
×