未分類

玉川学園前駅、飛び込み自殺の女性2人は誰?防犯カメラの映像に身投げの瞬間、、仙台では19歳女子学生が、、

冬が近づき、新型コロナウイルスの感染拡大など、新たな不安が懸念される中、そうした影響でしょうか、電車への飛び込み自殺がまたおきていしまいました。

最近は毎日と錯覚するほど、電車への飛び込み自殺の一報が入っており、現状の国民の不安が表面化してきているのかもしれません。

スポンサーリンク

町田市、玉川学園前駅で電車への飛び込み自殺

2020年11月28日(土)の午後11時10分ごろ、小田急線の玉川学園前駅で、80代と50代の女性2人が新宿駅行きの特急電車にひかれ死亡しました。

警視庁町田署の捜査の結果、この2人は親子である可能性が高いとしており、事故当時駅の防犯カメラには、2人が並んでホームから飛び込む様子映っていたことから、自殺とみられています。

死亡した2人の身元については現在までに判明していません。

スポンサーリンク


町田市、玉川学園前駅で貨物列車へ飛び込み自殺

列車への飛び込み自殺は、同時刻帯に仙台市宮城野区の踏切でも発生しており、女子学生(19)が列車にはねられ死亡しました。

この事故がおきたのは2020年11月28日(土)の午後11時半ごろで、宮城野区平成1丁目のJR東北本線の踏切で女性が貨物列車にはねられ死亡しました。

死亡したのは、宮城野区に住む19歳の女子学生ということで身元は判明しているようですが、名前や顔画像などの情報は出ていません。

この列車を運転していた運転士は「線路で人が横になっていた」と話しています。

~こちらも読まれています~
×