天気に関連した事項

台風17号警報解除も風強すぎ、フェーン現象で猛烈な暑さ、北日本は夜間注意

強い勢力で沖縄から北上してきている台風17号ですが、9月23日(月)7時現在は、鳥取県沖の日本海を引き続き北東に進んでいます。時速は55kmとかなりの速度になっており、このまま昼には温帯低気圧に変わると予想されています。

ただし、その勢い自体は保ったままなので、夜に北日本を通過する際には注意が必要とされているそうです。

猛烈な勢いの風で広範囲にかなりの影響が出ていましたが、現在はほぼ暴風域を抜けているため警報は次第に解除へと向かっているようですが、23日は台風の影響によるフェーン現象が発生して猛烈な暑さの一日となるようで、熱中症などにも気を付ける必要がありそうです。

台風17号発生!?進路は3連休に直撃か?事前準備しておくべきグッズ先日、9月9日に関東を直撃した台風15号の影響により、千葉県で起きた大規模停電や断水状況は一歩ずつ復旧が進んでいますが、9月の2回目の3...
台風17号の風、宮崎で竜巻!?九州・中国・四国地方への影響は?【動画】大型の台風17号は今日(9月22日)の夕方から夜にかけ長崎県に最接近するものとみられていて、交通機関で運休が相次ぐなど市民生活への影響が...

各地の台風影響の状況

九州全域では22日から23日かけて最大で約15万戸以上が停電したとの情報が入っています。

また、23日の7時自伝でもまだ停電が続いている場所もあり、風がやみ次第復旧作業に入るとのことです。

今回の台風は風の影響がすごいため、鉄塔が倒れたりといった被害が起こっており、完全復旧まではまだ時間がかかりそうですね。台風接近に備えて準備の重要性がでます。

台風17号の強風の影響で、九州北部を中心に電線が切れるなどの被害が相次ぎ、長崎県で3万戸以上が停電するなど、午前7時現在で九州各県で合わせておよそ5万240戸が停電しています。

九州電力によりますと、台風17号の強風の影響で、九州北部を中心に電線が切れる被害が相次ぎ、九州の各県で停電が起きています。

▽長崎県では諫早市や長崎市などで合わせておよそ3万2550戸
▽熊本県では玉名市や熊本市などで合わせておよそ9410戸
▽福岡県では大川市や久留米市などで合わせておよそ4150戸
▽佐賀県では佐賀市や神埼市などで合わせておよそ3840戸
▽このほか、鹿児島県でおよそ180戸、大分県でおよそ120戸が停電しています。

九州電力は、風が収まった地域から復旧作業を始めていて、できるだけ早い復旧を目指すとともに、切れた電線や垂れた電線には近づかないよう呼びかけています。
※NHK NEWS WEBより抜粋

また、警報解除の情報が出てはいますが、各地でまだ風などが強いといった報告が出ていますので、台風が過ぎ去った後も今しばらくは注意が必要そうですね。

スポンサーリンク


フェーン現象とは?

フェーン現象とは、山から乾燥した高温の風が吹きおりる現象のことで、山腹をのぼる際に雨を降らせて乾燥した空気が、反対側の山腹を下りる時に断熱変化で気温上昇する現象のことをいいます。日本では日本海側に多く、異常高温、大火などの原因となっています。

フェーン現象の語源はヨーロッパ、アルプス北麓の「フェーン村」からとられており。このフェーン村では南よりの風が吹くと気温が上がり、雪が消えるといった現象が有名となって、今では他の地域でも同様に起こる現象のことを「フェーン現象」と呼ぶようになりました。

※お天気.COMより引用

23日は日本海側でフェーン現象により気温上昇

フェーン現象によって、日本海側、北陸地方を中心にして、最高気温は35度以上となると予想されており、これによって台風の接近による暴風だけでなく、熱中症にも警戒が必要となります。

こまめな水分補給などを忘れずに、熱中症対策もしましょう。

フェーン現象で気温30度超えそう…あづい

うぇぇぇ暑い…涼しくなってきてからのフェーン現象はさすがにきつい…昨日との気温差+10℃て

 

スポンサーリンク


23日夜は北日本で風雨に警戒の必要

※ウェザーニュースより引用

23日、北日本では午後から夜にかけて風や雨が強まってくるようです。これは、台風が温帯低気圧に変わっても、風の強さや雨の強さ自体にはほとんど変わりはなく、強風の吹く範囲はむしろ広がることがあるためだとか。

北日本は、23日の18時頃から雨風が強くなるとの予測が出ていているため、北海道では明日24日(火)朝までは外出などを控え、風で飛びやすい物は家の中に入れて、停電などに備えて懐中電灯や水を用意するなどの事前対策が重要となりそうです。

スポンサーリンク


台風の名前について

台風の名前は、日本含む14カ国等が加盟している「台風委員会」という組織によって決められています。

この名前は140ほど予め用意をしておいて、台風が発生した順につけられていきます。

今回の台風17号の「ターファー」はマレーシアによって用意された名前で意味は「なまず」です。

準備された名前は一巡したらまた最初から使用されていきますが、大きな被害をもたらした台風の場合は、以後の台風では使用を控え、新しい名前を利用することもあるそうです。

▼台風17号(ターファー)
 9月23日(月)7時推定
存在地域   鳥取市の北北西約170km
大きさ階級  大型
強さ階級   //
移動     北北東 55km/h
中心気圧   990 hPa
最大風速   30 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 40 m/s
~こちらも読まれています~