天気に関連した事項

【10/25】四国~関東で最大300ミリの豪雨で氾濫か!?被災地の現状は大丈夫?

日本へ接近していた台風21号は、本州への接近こそコースが外れましたが、10月24日の9時時点で小笠原諸島への接近が確認されており、父島で記録的な暴風雨が予想されていました。

小笠原諸島は24日中には台風21号の影響からは抜けるとの予想がされていますが、被害が心配されます。

また、本州については、24日の午後から非常に激しい雨が再び降るとされており、雨による危険への対策が呼びかけられています。

今回、この日本にくる再度の大雨について情報をまとめてみました。

台風19号の被災地が再び冠水被害、千曲川で支流氾濫の恐れ。その場所と現状は?いまだに台風19号による被害の復旧が完了していない被災地で非常に激しい雨によって、再び影響が出ています。 10月22日、東日本を中...

小笠原諸島で猛威を振るう台風21号

10月24日(木)8時現在、非常に強い勢力の台風21号(ブアローイ)が小笠原諸島にかなり接近しています。

父島では8時27分に最大瞬間風速44.4m/sの暴風を観測。

比較的コンパクトな台風であるため暴風範囲は狭いものの、中心の接近に伴い急速に天気が荒れており、中心地が上陸するとされる父島では記録的な暴風雨となるおそれがあるため厳重に警戒が必要です。

▼台風21号 10月24日(木)8時
 存在地域   父島の南南西約80km
 大きさ階級  //
 強さ階級   非常に強い
 移動     北 20 km/h
 中心気圧   950 hPa
 最大風速   45 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 65 m/s

スポンサーリンク


週末にかけて全国各地で大雨

10月24日は九州地方から雨が降り始め、とくに四国地方や三重では滝のような雨が降る地域があるとされており、水害による被害が懸念されています。

スポンサーリンク


再度、冠水被害のあった長野市では

長野市では、引き続き千曲川の堤防決壊で浸水被害を受けた住宅の片付け作業に追われており、先日の22日に降った大雨による被害で一時的にボランティアの受け入れが止まっていましたが、現在は再度再開して復旧作業が進んでいるとのことです。

再度の大雨に被災した住民の方からは不安の声があるようです。

かき出した泥が崩れてこないかどうか。道もあんな(泥まみれ)状態なので、雨によって流れてくると困る

水がいっぱい(敷地に)たまってしまった。土嚢(どのう)を積んで、雨が降った場合に増えないようにしている

土砂災害で栃木県の一部にいまだ避難指示

台風19号の猛威から2週間近くがたとうとしていますが、栃木県の一部ではいまだに土砂災害の恐れがあるとして避難勧告が出ています。

現在も避難を続けている方の現状は復旧作業も進まず、物資も十分ではない状況に不安の声が出ているようです。

・栃木県足利市
・栃木県佐野市
・栃木県栃木市
・栃木県鹿沼市
※各市内の一部地域

スポンサーリンク


各地の浸水状況は?

10月23日時点で、台風19号による浸水はほぼ解消されたとの発表がされています。

ただ、浸水状況が解消されたとしてもその後の復旧作業などは残っているため、まだまだこれからが復旧作業の本番となるため、完全な復旧には時間がかかりそうです。

スポンサーリンク


最後に

まだまだ、被災からの復旧は完了しておらず完全な作業完了には数年かかるという情報もあります。

一日でも早い復旧が行われ、安心して住める環境が整うことを祈っております。

また、テレビなどではあまり報道されていない地域でもまだまだ多くの被害が出ていますので、それらの情報も入手次第、まとめていきたいと思います。

~こちらも読まれています~