スポーツ

台風19号によるラグビーW杯の中止と開催情報、日本VSスコットランド戦は?

10月12日から13日にかけて台風19号が各地で猛威を振るいましたが、その影響でラグビーW杯にも中止となる地域が出ています。

本日、10月13日は「日本VSスコットランド」の戦いも予定をされており、本日は台風による試合開催の状況について調べてみました。

ラグビーW杯2019で平原綾香の国歌斉唱に感動!各国代表の国歌も話題【動画】ラグビーW杯2019が、9月20日より日本で開幕を迎え、連日ニュースなどでも取り上げられ、盛り上がっています。 その中でも、開会式...

10月12日と13日の試合予定

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会によって13日、台風19号の影響により、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムで同日に予定していた1次リーグB組のナミビア―カナダを中止にするとした発表がされました。

10月12日の試合状況

-試合中止-

・ニュージーランドVSイタリア

・イングランドVSフランス

-開催-

・アイルランドVSサモア

会場:東平尾公園博多の森球技場
結果:47-5

10月13日の試合状況

-試合中止-
・ナミビアVSカナダ

現在、下記については試合中止の発表はされていませんが、台風の影響が大きかった横浜で開催予定の日本とスコットランドの試合については現在検討中とのことで、試合開始6時間前にはその結果を発表するとのことです。

-開催-

・アメリカVSトンガ

会場:東大阪市花園ラグビー場
開始:14:45キックオフ

・ウェールズVSウルグアイ

会場:熊本県民総合運動公園陸上競技場
開始:17:15キックオフ

-開催-
※開催予定について検討がされていましたが、無事に開催が決定しました。(※11時現在)

・日本VSスコットランド

会場:横浜国際総合競技場
開始:19:45キックオフ

日本は引き分け以上で1位突破。負けても4トライ以上かつ7点差以内で得られる勝ち点2を獲得すれば1位で突破が確定します。

本日の試合の開催有無によってはその場で1次リーグ敗退となるスコットランドは試合前からピリピリとした状況です。

日本代表について

ラグビー日本代表は12日、初のW杯8強進出をかけたスコットランド戦(13日、横浜)に向け、都内のグラウンドで最終調整を行った。
台風19号による強い風雨の中、屋外での前日練習を強行。
横浜市内で非公開の屋内練習を済ませたスコットランドに対抗するように気概を見せつけた。
A組のアイルランドはこの日、サモアを47―5で下し、3勝1敗の勝ち点16で3大会連続の8強入り。
日本は引き分け以上で1位突破、負けてもボーナスポイントの条件次第で8強が決まる。

スコットランド代表について

スコットランド代表は日本代表とは対照的に、屋外練習を断念して横浜市内の滞在先ホテルで最終調整した。
グレゴー・タウンゼンド監督(46)は「開催を信じている。7万人の前で戦いたい」と試合実施を熱望し「日本は攻守とも素晴らしい。キックやセットプレーで重圧をかけていく」と意気込んだ。

また、試合が中止となった場合、スコットランドが主催者側への法的措置も検討しているなどと海外メディアが報道し、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49)が激怒。11日の会見で「この数日(日本に対して)批判的な記事を読んでいるが、我々の3連勝はまぐれではない」などと不快感を示した。

※引用:スポーツ報知

スポンサーリンク


日本の史上初の8強入り決定は?

12日に行われた「アイルランドVSサモア」戦で1次リーグ最終戦となった世界ランキング4位のアイルランドが7トライを奪ってサモアに圧勝。

これで勝ち点5を加えて総勝ち点16としたことで、A組2位以上が確定し、3大会連続の準々決勝進出を決めました。

現在、総勝ち点14の日本は暫定2位となり、史上初の8強入り決定は13日の試合状況次第とその結果にゆだねられることになりました。

日本はこの試合に、勝ちか引き分けで1位突破。
負けてもボーナスポイントを獲得できれば、2位で通過できる可能性
があります。

台風の影響があった横浜での試合となりますが、台風で暗い話題が多い中、ぜひ試合をして勝利をつかみ取って、少しでも明るい話題を得られればとおもいます。

スポンサーリンク


台風の影響と試合に対するネットの声

ラグビーW杯2019で平原綾香の国歌斉唱に感動!各国代表の国歌も話題【動画】ラグビーW杯2019が、9月20日より日本で開幕を迎え、連日ニュースなどでも取り上げられ、盛り上がっています。 その中でも、開会式...