その他のニュース

【速報】ASEANで日韓首脳会談?安倍首相と文在寅大統領、緊急会談の内容は?

11月4日(月)現在、タイで行われているASEAN(東南アジア諸国連合)の関連首脳会議で、4日の午前に安倍首相と文在寅大統領が、約11分間の会談を行ったという情報が入りました。

日韓問題は、何かと話題に挙げられている問題がですが、今回はこの2人の会談に焦点をあててみたいと思います。

どのような会談が行われたのか?

会談は首脳会議の控え室で行われており、一対一(通訳はあり)で行われたとのことです。

韓国側の発表では、2人は友好的で真剣な雰囲気で歓談したとのことですが、具体的にどのような話をしたかはまだ明らかにされてはいません。

韓国発信の情報では「会談」としていますが、日本側ではあくまで簡単な「面談」であるとしているようです。

※こちらは新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

スポンサーリンク


現在の日韓問題

「慰安婦問題」、「徴用工賠償請求」など、双方での解決を図り対応を進めるも、韓国側の度重なる手のひら返しが問題となっています。

とく慰安婦問題に関しては、1965年の日韓請求権・経済協力協定で解決済みとされていましたが、のちに再度韓国側からの要求で蒸し返しが起こり、2015年の日韓合意において「最終的かつ不可逆的な解決」が日韓両政府の間で確認されましたが、2019年になる今さらにその決定さえも否定して韓国側は解決はないといった主張をしているのが現状です。

過去の出来事や情報がすべて明らかになることは難しいかもしれませんが、国としての約束を何度も覆す姿勢は信用を失う行為ですよね。

スポンサーリンク


ネットの反応

今回の会談に対して、ネット上でも大きな反応を示しているようです。

スポンサーリンク


まとめ

緊急的に行われた「首脳面談」ですが、日韓問題の進捗となるかはいまだ不透明です。

これに限らず何かと「言ったもの勝ち」で声の大きなものが勝ってしまうといった誤った流れがあるため、そういった誤った行為が認められることのないよう、日本には毅然とした対応で臨んでほしいですね。

~こちらも読まれています~