その他のニュース

東京地裁、NHK映らないテレビは受信契約義務なし!NHK敗訴のイラネッチケーはいくら?

「NHKが映らないテレビは受信契約をしなくてもよいのか?」といった点が争われた訴訟で東京地裁で2020年6月26日に一つの判決が出ました。

「契約義務がないことの確認を求めた原告の訴えを認める」

この判決は、同様の訴訟で初めての勝訴となる例で、これからのテレビの在り方に大きな衝撃を与えるものとなると考えられます。

今回、注目が集まったこの判決について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク


NHK問題でイラネッチケー裁判、東京地裁で勝訴!

NHKの受信料をめぐっては過去にも様々な問題が出ています。

今回、裁判で争われていた争点は、「受信できない機器を取り付けた場合の契約の有無」について。

 
原告はNHK受信料の一方的な徴収行為に対して批判的な意見の持ち主で、2018年10月に筑波大学の准教授が開発したNHKの番組を映らないようにするフィルターがついたテレビを3千円で購入し、自宅に設置したとされています。

この行為に対して、NHKとの受信料契約の有無に対しての裁判となっていました。

NHKは、フィルターや電波の増幅器を使うなどの実験をした結果、原告のテレビでは「NHKを受信できる状態に簡単に復元できる」と主張していましたが、6月26日の判決では「増幅器の出費をしなければ受信できないテレビは、NHKを受信できる設備とはいえない」といった判断が下されました。

 
「どのような意図であれ、受信できない以上、契約義務はない」といった判決を下したのは、小川理津子裁判長で、同様の裁判では初の勝訴案件となりました。

スポンサーリンク

イラネッチケーとは?価格はいくら?購入方法は?

イラネッチケーとは?

直径21mmほどの筒状の装置で、テレビ受像機のアンテナ入力端子などに取り付けると、NHKのテレビ周波数の放送波を遮断する。作動原理は、アンテナのマッチング回路にLC回路を接続した帯域除去フィルタであり、これによりNHKの放送周波数のみ減衰できる。NHK総合テレビジョン・NHK教育テレビジョンを対象とする関東地上波用とNHK BS1・NHK BSプレミアムを対象とするBS用が商品化され、2014年(平成26年)からインターネットで通信販売されている。

この機器を開発した研究室は、「NHKだけ映らないアンテナ」を開発しニコニコ超会議2015(2015年4月25日-26日、千葉市・幕張メッセ)の「ニコニコ学会」ブースに出展、「研究してみたマッドネス部門」で大賞を受賞。

ただしBSを対象としたイラネッチケーは、2018年の周波数帯域改変によりNHKが他のテレビ局と割当が共同になったため、WOWOWプライム、ディズニー・チャンネル、スターチャンネル2・スターチャンネル3の受信をすることも出来ない。

 
販売場所は基本的にAmazonでの販売のみとされているようです。(一部特設サイトはあり)

また、価格に関しては1万円ほどからの販売となっており、NHKとの契約の有無でもまた価格が変わってきます。
※NHKへの解約届などの内容証明がつく?

スポンサーリンク




NHKがスクランブルを拒む理由は?

結論としては、テレビの受信について、スクランブル(放送)の設定をすることで、放送受信の有無を決めることが可能とされています。

これはすでに有料放送などのWOWOWなどで実施されており、実質視聴料金がかかるNHKに対しても同様の処理をするべきといった意見は多く出ています。

 
また、NHKはスクランブルについては下記のように述べています。

Q:なぜ、スクランブルを導入しないのか

NHKは、広く視聴者に負担していただく受信料を財源とする公共放送として、特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報や、豊かな文化を育む多様な番組を、いつでも、どこでも、誰にでも分けへだてなく提供する役割を担っています。

緊急災害時には大幅に番組編成を変更し、正確な情報を迅速に提供するほか、教育番組や福祉番組、古典芸能番組など、視聴率だけでは計ることの出来ない番組も数多く放送しています。

スクランブルをかけ、受信料を支払わない方に放送番組を視聴できないようにするという方法は一見合理的に見えますが、NHKが担っている役割と矛盾するため、公共放送としては問題があると考えます。

また、スクランブルを導入した場合、どうしても「よく見られる」番組に偏り、内容が画一化していく懸念があり、結果として、視聴者にとって、番組視聴の選択肢が狭まって、放送法がうたう「健全な民主主義の発達」の上でも問題があると考えます。

なんだかんだともっともらしい理由はつけられていますが、実質は利権がなくなるために拒否するといったことであると思われます。

スポンサーリンク




NHK敗訴にネットでは喜びの声

テレビはこれで対策できても今は車にナビが当たり前だから、そっちで受信料取ろうとする。
どうしてこんなにあれこれ悩まされなきゃいけないんだろうNHK自体なくなればいいのに。

NHKの番組を映らないようにするフィルターを、テレビを購入する時に必要か必要でないのか、お客様に確認すべき!
別に、NHKが観たいからテレビを購入する訳じゃない。どうしてもNHKが観たい人にだけ受信機をつけてあげたら?

当然の判決ですね。そもそも契約自由の原則を無視した判決を繰り返してきた今までの裁判所がおかしかった。
ただ、イラネッチケーを付けるのは手間なので、早く放送法を改正して、スクランブル放送化を実現して欲しい。

これ将来性は無いけど商売になりそう。
フィルターの設置にどの位の時間・費用が掛かるか分からないけど、買ったテレビにも設置出来るのなら依頼する方も居ると思う。
本来、見られない番組を見るのは違法だけど、逆に見られる番組を見られなくするのは違法では無い気がする。
チャンネル設定をしないと同じ事なのだから。

ごく当たり前の判決が出てほっとした。NHK絡みの裁判はまともじゃない判決が続いてた。
例えば、家具つき物件の入居者が、自らが設置者ではないので契約義務はないとした裁判(原告敗訴)とか。
何処かのメーカーでNHKの映らないテレビを発売すればいいのに。若干高くても買う人いるだろうな。

裁判官は良識の無い、頭がおかしい人ばかりかと思っていたけど、まともな方もいたのですね。
とっとと、時代遅れで契約の自由を蹂躙する放送法を違憲認定して、スクランブル導入して下さい。
国公認の送り付け詐欺商法など許されない!

~こちらも読まれています~