新型コロナ

西寺尾保育園どこ?横浜市が保育士の感染隠ぺい指示に市は開き直り会見、市長の林文子の責任は?【画像】

神奈川県横浜市が、市内にある保育園の保育士がコロナに感染したことを、保護者達に伝えないよう、保育園側に隠ぺいの指示をしていたことが判明し大きな波紋を呼んでいます。

その一方で、保育園は独自の判断により、翌日の朝に保護者へコロナ感染発生を連絡して閉園とするいち早い対応を見せています。

スポンサーリンク


横浜市が保育士のコロナ感染を隠ぺい指示か?

一連の出来事があったのは2020年4月8日のこと。

4月8日に横浜市神奈川区にある西寺尾保育園に勤務する20代の女性保育士の感染が確認されましたが、その後、保育園側が休園したいといった旨を横浜市に伝えたところ、市の回答としては、翌日は通常通り開園を継続し、保護者への通知は保健所の調査の後にするよう指示が下されたとされています。

感染が確認された20代の女性保育士は、3月30日に発熱など症状があったが、熱が下がったため、翌日から4日間勤務、その後も体調が悪かったため、4月4日以降は出勤せず、8日に陽性反応が出ました。

しかし横浜市は、この報告を8日の夜に受けていたにもかかわらず、保育園側には、すぐに保護者には感染の事実を伝えず、保健所の調査結果を待つよう要請していました。

スポンサーリンク

横浜市が記者会見で開き直り回答の真意は?

4月15日(水)に開かれた横浜市役所の会見では、開き直りともいえる回答を行っています。

「情報操作や隠蔽(いんぺい)にはあたらない」
「判断に誤りはなかったが、保護者が不安に思う気持ちに寄り添えていなかった」
「女性保育士はすでに出勤していないので、保健所から通常通り開園しても感染リスクは高まらないとされた」

 

横浜市の言い分は、感染確認がされた保育士は出勤していなく、他に感染が確認できている人物はいないので問題ない。すでに感染が広がっていたとしても検査結果が出ていないので知らないし、それで感染が広がったとしても責任は一切持たない。感染者の情報を伝えずに感染が広がった後に伝えることは隠蔽や情報操作ではない。といったことになります。

明らかにおかしな回答ですが、一貫して謝罪や、誤りを認めない姿勢は続けているようです。

現在、潜在的に新型コロナに感染している人は多くいるため知らない間に感染する可能性はありますが、それでも感染が確認された場所から人を遠ざけてるだけでも抑制することができると思うのですが、何のために自粛要請が出されているのかを理解していないのでしょうか。

スポンサーリンク




横浜市コロナ感染の保育士の保育園はどこ?西寺尾保育園

西寺尾保育園
〒221-0001 神奈川県横浜市神奈川区西寺尾3丁目22−1

スポンサーリンク




横浜市の言い訳会見にネットでは怒りの声

隠蔽ではないって、当事者が決める問題なんですかね。受け取りて側が「必要な情報が伝えられてない」と感じたら、それは「隠ぺい」と取られても仕方ないんじゃないですか。私は横浜市民ではないですが、第三者の立場から見て「隠ぺい」だと思いますよ。

保護者に早期に伝えて2週間自宅待機をお願いするのが行政のやるべきことです。隠蔽と言われてもしょうがないです。

これを隠蔽と言うんだよ。子ども家庭支援課よ。林のために仕事をやるのをやめて、市民の方を向いてくれ。ちゃんと名前の通り、子どもと家庭のために「支援」しようよ。

コロナ流行下で一番やってはいけない事は、感染の事実を隠蔽する事です。隠蔽かどうかの判断は、事実関係と第三者の客観的な判断に委ねられるべきだと思います。横浜市の対応は間違っていると思われます。

「8日に感染が確認されたという。」「8日夜に報告を受けていたにもかかわらず、~、保健所の調査結果を待つよう要請したという。」わからない。感染が確認されたのに、何の調査結果を待ったの?濃厚接触者の特定かな?

横浜市はカジノ誘致にだけ一生懸命で肝心な事(コロナ感染対応)がおろそか過ぎる。事が発覚しないよう隠蔽工作したとは言語同断。IR誘致に関して一生懸命説明した市長はこの件に関して逃げずに出て来て市民やマスコミに説明すべきで、その責任もとっていただきたい。

スポンサーリンク




横浜市の隠蔽行為にTwitterでも危機訴える声

~こちらも読まれています~